人生で初めてリッツカールトンなんつーホテルに足を踏み入れてしまった件(肉マジ美味い編)

先日、こちらのエントリで、アブダビのリッツの部屋が激烈イケメソである事を述べた。

続編の本日は、B1Fにあるステーキハウス『The Forge』が更にイケメソである事を書いてみたいと思う。

内観とメニュー

こんな感じで、非常にシックな内装。

騒いだらやられる感じがするのだ。

店に入ると、黒服のオッサンがにじり寄って来る。

店;ウェルカムサー、ルームナンバーを教えてください

僕;1125だ

店;こちらで少々お待ちください

〜30秒後〜

店;ウェルカムミスタータマノミヤ(とは言ってない)

僕;うむ

こんなやり取りをした後、席に通されメニューを渡される。

たっけ!

たけーよ!

当然ながら、当方の興味は肉にしか向けられていないので、たけー!と言うのは肉を見て言っている。

肉にフォーカスするとこんなん。

リブアイは、ドバイでUSの牛が10オンスAED225で食べられた事を考えれば、同じUS産が10オンスAED325と言うのは理不尽感しかない。

一方で、オーストラリア産であれば300g(約11オンス)AED230と言うのがあって、それはわりとリーズナブルではあるけど、何れにしろたけーうぉー、と唸っていたら、店員が

コース料理もありまっせ

との甘いささやきをぶっ込んで来た。

どうやら、

NZ肉のテンダーロイン220g(AED200)を含んだ3品セットでAED230ぐらいだよん☆

と言う事の様だ。

そんなモン、ソッコー乗るでしょ!って事でオーダー。ドキをムネムネさせながら待っていた。

スポンサーリンク

パンが出される

とりあえず、って事でパンが最初に出て来た。

バターと一緒に岩塩みたいなのも皿に載ってて(見えないけど)なんかシャレてるのだ。

アスパラとポーチドエッグの何か

料理の名前が何だったかを既に忘れてしまったが、1品目がこちら。

キュウリ?と思いきや、散りばめられているのはアスパラ。とりあえず美味いとしか言い様がない。

完全にボキャ貧である事をさらけ出しているが已む無し。

ステーキが出て来る前にナイフの選択を迫られる

1品目を食べ終わって既に満足しかけていたら、店員がこんなのを持って来た。

曰く、

サー、肉はどのナイフで食べますか?

との事。

え、どれでも良いんじゃね?とも思いながら、一生懸命説明していたので一応聞いておいた。

並べるとこんなん。

一番シャープなのはどれなんだい?

と聞くと、どうやら上から3番目のらしいので、それを貰った。

どん。

そのシャープさを頑張って写してみたけど、写真のセンスが無さ過ぎてイマイチ伝わらない。

ピントあってないし。

とにかく、こんな事をしながらタマさんは肉を待っていたのだ。

肉マジ美味いよ

そして遂に出て来たテンダーロイン。

おりゃー!

ニュージーランドからはるばるアブダビまで来てくれたんだね

とか言いながら舌鼓を打ちまクリスティ。

肉の断面はこんなん。

リッツカールトンの様な高級ホテルで、スマホ片手に一人で写真を撮りながら肉を食う日本人、と言うのはかなりヤバいヤツに見えるが、客が当方一人しかおらず、奥側のブラインドサイドに通されたので、やりたい放題だったのだ。

ステーキソース的なのも添えられていたが、

塩と胡椒のみで肉本来の美味しさを頂く

と言う肉の申し子の様な考え方から使用せず。

美味かったわ〜

スポンサーリンク

デザートもまいうー

そして最後に3品目のデザート。

どうやらチーズケーキの様だ。

濃厚なチーズが口の中でとろけ、お口の中が宝石箱や〜by彦摩呂状態なのだ。

テンダーロインに引き続き、チーズケーキも断面を撮ってみる。

俺何やってんだろ、と思いながら写真を撮っていたが、まぁ美味いから良し。

会計もシャレとる

満腹感に支配されたのも束の間、遂に会計のタイミングに。

そもそもビルがこんなのに入って来る時点でシャレとる。

開けるとこんなん。

で、現実突きつけられる。

くそたけー。けど美味かったから良いや。(約9,000円)


てな感じでさすがリッツカールトンの中のレストラン、って感じのステーキハウス。

もう人生で二度と行く事はないと思うが、行く機会があれば行ってみてもらえれば、と思うのだ。

〜今日の教訓〜

日本で肉食いまくったる。

肉の話すると肉食べたくなるよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする