ネスプレッソの湯垢洗浄で水を大量消費する件

当方、嫁さんに影響されて、コーヒー好きと言うカテゴリーの人間になってしまった過去があるのだが、日本で使っていたネスプレッソを一生懸命自力でインドまで運んで来た。

以前のエントリで書いた様に、インドでは一応ネスプレッソのカプセルは買えるは買えるんだけど、クソ高くてやってられへん!状態になるので、これまた日本からカプセルをえっちらおっちら買って来ている。

そんなネスプレッソ、順調にコーヒーを抽出してくれているのだが、定期的に『湯垢洗浄』と言うものをしなくてはならない。

言ってみれば、マシンの中にたまったカス(これは恐らく水に含まれているカスを指しているものと理解)を取り除く作業である。

スポンサーリンク

日本でも何回かやった事があるので手順はわかっており、作業自体はそこまで面倒ではない。面倒だけど。

ネスプレッソのHPにある取扱説明書を見るとこんな感じ。見にくっ!

  1. 水道水500ml+湯垢洗浄剤を入れて、水がなくなるまで抽出
  2. その薬剤を再度タンクに戻して再抽出
  3. タンクを洗って、水道水でタンクを満タンにして再抽出
  4. 臭みが取れるまで水道水満タン→抽出を繰り返す(3回が目安)

と言う手順である。

フォーカスしたいのはこの部分。

水道水で洗えるワケないだろ。。。

以前のエントリでも書いた通り、我が家の水道水は、355ppmと言う数値を叩き出すパンチャーなので、そんな水で洗う=究極レベルに汚れる と言う事になるのだ。

ちなみにこの話をECRと言う134号線的な海沿いの道近辺に住む友人にした所、

あんた何言ってんのうちなんて900よ!

と言う人もいれば、

うちは3,000出たから引っ越した

とか言う人もいて、上には上がいるもんだなぁ、と恐れ入った。

で、そんな水道水は当然ながら使えないので、選択肢としてはミネラルウォーターをひたすら注ぎ込むしかなくなる。

その結果。

ひたすらミネラルウォーターのボトルの死骸が転がるハメに。3.5リットルも使用してしまい、超絶もったいないのである。

ネスプレッソのマシンも、両目を光らせて怒っている様に見える。

でもこの3.5リットル君達の活躍があって、向こう半年くらいは味の良いコーヒーを飲む事が出来るのだ。良しとしよう。

美味しいコーヒーを飲みたい方、是非我が家へ!

なお、Amazonでも↓こんな感じでサードパーティ品が売られているが、当方としてはやはり純正品をオススメしたいのである。

〜今日の教訓〜

インドの水道水のレベルを甘く見てはいかん。

そんな水道水で毎日顔洗ってシャンプーしてるんだけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする