超必死に冷凍食品を運んだ件

さて、ポケファイをゲットしたので、早速ブログ再開してみる。

年明けと同時に家族が遂に来チェンしたので、当方も年末年始は帰国していた。

で、我が社は赴任時のビジネスクラス利用が許されている為(当方は赴任時にその権利を使っているので、一人だけエコノミー。くそー)、家族は一人当たり3つスーツケースが預けられる。

但し、当方もグローバルクラブ会員になっているので、エコノミーであっても3つ預け入れられる。

と言う事で、物理的には12個のスーツケースを預け入れられる事になるワケだ。

スポンサーリンク

ただ、そこまで豊富にスーツケースを持っているワケではないので、この程度の数になる。

img_2612

でかいの8個+ややちっこいの1個。

で、更に機内持ち込みのコロコロを2つ駆使。

何をそんなにたくさん運んでんねん、と言うツッコミに対しては、ズバリ『冷凍食品じゃ!』と答える事になる。

先月、ゴキブリと共に出現したこの巨大冷凍庫に入れるものを補充するのである!

img_2478

9個のスーツケースのうち、まるまる3個を冷凍食品で埋め尽くし、後は米やらお菓子やらを詰め込んでみた所、ほぼ全てが30kgくらいギリギリの重量。マジ重い。

ちなみに冷凍食品は、こいつで完全防備。

更にこの保冷剤で防御力アップ!

チェンナイ着いてから運ぶのが大変すぎて、運んでる様子を撮れなかったのが残念だが、当然カート2台分に人の目線より上に積まれるくらい満載。

で、苦労して運んだ結果、冷凍庫はこれくらい埋まった。

img_2690

高さがイマイチわかんないので、横からのアングル。

img_2691

まだまだ全然入る高さやね!

500リットル入る冷凍庫の、3分の1くらいなので、150リットル分くらいしか運べなかった、って事だろうか。

来月、シンガポールとタイに行くので、また調達して埋め尽くしてやる!と心に誓ったのである。

ちなみに、前出のロゴスのクーラーバッグの威力だが、日本を出て通算16時間くらいの輸送だった為、さすがに冷凍食品の端っこの方は少し柔らかくなったりしていた。そこはもう見ないフリ。

今では既にカチンコチンになっているので、気にしない気にしない。

〜今日の教訓〜

冷凍食品は、超重装備で運ぼう!!

あったりまえやね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パタヤ より:

    タイで冷凍食品を超絶調達しましょう

  2. akira100% より:

    はじめまして
    僕はタイの友達にアイスクリームをお土産に渡そうと今準備をしていますが
    国際線の預け荷物で保冷剤は不許可になっていて困っています。ロゴスの倍速凍結は預け荷物の条件をクリアする事は出来るのでしょうか?植物性天然高分子だと酸化物ではないのでいけるのかな〜?と悩んでいます…

    • tamanomiya より:

      コメントありがとうございます!
      そのアイス、何でも手に入るタイじゃなくて、チェンナイに持って来てください!

      ちなみにご質問の保冷剤ですが、ロゴスの止められた事一回もないですよ。
      そもそも預け荷物で保冷剤禁止って聞いた事ないですけどね、、そんな怪しからん事言ってるヤツはシバいておいてください!我々が生活出来なくなるので!!

  3. akira100% より:

    わかりました
    http://anapremiumservice.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html?m=1
    あれからいろいろ調べてみたのですが凍結していると、もしかしたら問題がないのかもしれません
    アイスクリームは桔梗信玄餅アイスです
    僕はタイだけ旅行していますがいつかインドのチェンナイにも行ってみたいです
    お返事ありがとうございました