枯れたくないので努力をするしかない件

人間、誰しもが老いる。そして死んで行く。それは不変の事実だ。

その過程、『老いる』に非常に興味がある。『老いる』と打ちたいのに、何回変換しても『オイル』が最初に来てしまい、齢6歳になるMacBookAirに対して、『お前それはない』と、冷静に、丁重に激怒している。

当方、何を隠そう、年齢は35歳だ。最初は名前も顔も全てひた隠しにしていたのに、だんだんと個人情報を晒しまくっていて、これも老化現象の一つなのかと感じてしまう。

35歳。これを世間ではアラフォーの入り口と表現する。

40代が近付いて来ると、自分の周囲の人間の様子も変わって来る。

ハゲてるヤツは20代からハゲているが、その勢いが増し、太っているヤツは見苦しいくらい太っている。

この状況を、あるスポーツで日本代表にまで上り詰めた当方の友人は

枯れている

と表現していた。

曰く、

何かにエネルギーを吸い取られているんだろう、特にみすぼらしいデブは救い様がない

との事。どう言う事か。

スポンサーリンク

ハゲと言うのは体質もあるので、コントロールがし辛い。残念ながらハゲてしまった場合は、漢らしく全剃りするか、しがみつくかの二択しかないだろう。

しがみつき、ほぼ見た目が変わらないにも関わらず必死に誤摩化すその女々しい行為が、既に彼のエネルギーを吸い取っている、と。そんな事をせずに剛直に全剃りすれば、背筋も伸び、男としての魅力もアップするだろう、と言っていた。

恐らく、この発言において、全国のハゲている人及びその家族を敵に回した感はあるが、これは当方の言葉ではないので、批判の声からは女々しく逃げ回りたい所だ。

一方でデブに関しては、

ぬるい

その一言に尽きる。

その友人も、176cm 110kgと言うサイズで、数字だけ見ればデブだ。だが、体は引き締まっている。

太りやすい体質、痩せにくい体質、と言うのは確かに存在する様だが、それでも自分の節制と努力により、かなりの部分がコントロール可能だ。何も、腹筋がシックスパックになっていなければならない、とか言っているワケではない。最低限の努力をして、醜く太るな、と言っているだけだ。

であるにも関わらず、その努力を怠り、日々楽な方に流れ、ぶくぶくと太って行く。その成れの果てがデブだろう。

デブにも言い分があるのかもしれない。

仕事が忙しくて・・ストレスでご飯が止まらなくて・・

過食症は病気であり、さすがにコントロール出来るシロモノではないので、このロジックには当てはまらない。

だが、世の中のデブの何割が『コントロール出来ないデブ』なのか?と言う問いに対しては、具体的な数値はなくとも、恐らく『かなり少ない』が解になるだろう。逆に言えば、かなりのデブが、ただのデブになる、と言う事だ。喝だ。

そんなだらしないヤツにはなりたくないし、何よりも娘を持つ父親として、

◯◯ちゃんのパパはだらしない

と言う評価を受ける事だけは耐え難い。

従って、最近は週に平均して3回はジムに行っている。しかしながら全く体重が落ちない。謎過ぎる。

単純に、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているだけなのだとは思うが、昼飯はだいたい味噌汁一杯だけだし、解せない。学生の頃は、いくらメシを食っても80kgをなかなか超えなかったのに、今はいくら運動しても80kgを割らない。こんな逆転現象、あって良いんだろうか。そして、これも年齢を重ねた事による『老い』の影響なんだろうか。

ただ、ここでキモになるのが、この文中に出て来た『いくら◯◯しても』と言う部分。

結局、結果が出ないのは自分で出来るMAXの努力をしていないからであり、いくら運動しても痩せない、ってのも絶対量で見れば全然運動してるうちに入らないんだと思う。実際、毎日ジムに行ってるワケじゃないし。そして、そんな状態であるにも関わらず、自分がさも一生懸命努力をしているかの様に見せるこの姿勢自体が、『枯れる』一歩手前の行動の様に思える。

スポンサーリンク

これって、結構色んなフィールドに当てはまると思っていて、例えば、新橋のガード下で聞こえて来そうな

俺はあれだけ努力したのに評価されない・・・

の様な泣き言も、じゃあ本当に『これ以上ない努力』の結果なのか?と言う点においてはかなり疑問だ。そんなに努力出来るヤツならかなりの高確率で評価されるはずだし、この発言自体がもう枯れている。

自分が置かれている境遇に対して、周りのせいばかりにしていても何も始まらないし、その行為自体がムダなエネルギーを浪費していて、枯れ木一直線だ。そんなムダな事は考えず、背筋を伸ばして胸を張って日々を過ごさないと、せっかく死なずに生きて過ごせている一日一日がもったいない。

当方は、猫背にガニ股と言う、かなりどうしようもないスタイルで有名だが、なるべく腹に力を入れて背筋を伸ばし、腹が出ない様に枯れない様に日々を過ごしたい、と改めて思った。

なお、先日、日本から送られて来た中古本の山の中に、こんな本が入っていた。

ハウツー本を基本的にバカにしている当方だが、冒頭に、

  • あなたの腹は思った以上に見られている
  • 腹の脂肪と自信のなさは、スーツでは隠せない

等と書いてあり、こればかりはちょっと読んでみようかと思い、家に持って帰って来た。

そして、目次だけ少し流し読みして、それ以降は剛直に玄関に置きっぱなしにしている。

だからダメなんだよな。

〜今日の教訓〜

活字ビハインド中。

まだ月曜の日経読み終わってなくて困ってるくらいだから、この本まで回んない。←ブログ書いてないで読めや、って話やんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする