シンガポールで購入した貴重な食糧を必死に守った件

数日間、ブログ更新をしていなかったが、我が家は満を持してシンガポールに行って来た。

漢らしく、会社のPCをほっぽり出して、シンガポールには持って行かないと言うプレーを選択した所、今朝出社した段階で未読メールが420件にまで膨れ上がっていた。これは忙しいアピール。

そして、午前中、部屋のドアを閉じて誰の入室も許さずにひたすらメールをさばき狂っていたら、昼前の段階で150件まで減っていた。これは仕事が出来るアピール。

要するに何が言いたいか。シンガポールが最高だ、と言う事だ。

シンガポール旅行のメインの目的は、当然食糧調達になる。

如何に大量の食糧を持ち帰るか、が当方のアウトプットであり、その結果によって家庭内序列が決まると言っても過言ではない。

ただ、金を使えば良い、と言う話でもないので、金額と物量のバランスも考慮する必要がある。

過去のエントリでも、何を買ったとか何がいくらだったか、とかアップして来たので、今回はそこにはスペースを割かないつもりだ。

だが、元来アピール好きである事はどうしようもないので、3枚だけ写真を載せておく。そして3枚目から物語はスタートする。

スポンサーリンク

1枚目;お菓子で埋め尽くされるスーツケース

今回、4つのスーツケースを持参した。

我が家には7個の巨大スーツケースがあるのだが、当初はシンガポール内でのハンドリングを考慮し、2個だけ持参する事を考えていた。

が。

出国当日にマダム(嫁)が学校でママ友から

  • 4人もいるのにスーツケース2つとか少なすぎ
  • そもそも食糧調達に行くのにその量はあり得ない
  • 向こうでのハンドリングなんてタクシーに頼めば良い

と言う様な趣旨の事を指摘されたらしく、光の速さで2個⇒4個への倍々ゲームが完了した。

内訳としては、

  1. 衣類専用(内部に割れ物の酒瓶は入れる)
  2. ロゴスのクーラーボックスが2個入った冷凍品専用
  3. ロゴス1個+お菓子
  4. お菓子専用

こうなる。

ロゴスのクーラーボックスってこれね。何回も載せてるけど。

当然、こちらのアイスパックも必要。このアイスパックは、最終日までホテルのフリーザーにブチ込んでおいて貰おう。

最終的に、4番目のお菓子専用スーツケースはこんな塩梅。

見事なまでに大量のお菓子である。

子供2人いると、意外とあっさりなくなっちゃうんだけどね・・・

スポンサーリンク

2枚目;金に糸目はつけない

冒頭で、金額と物量のバランス云々とぬかしたが、ここに写っているレシート(ドンキと明治屋)のみで652SGD。軽く5万円超だ。

これに更にシンパックと呼ばれる、明治屋があらかじめ段ボール梱包しておいてくれるサービスを頼んでおり、それが約500SGD、4万円超。

それ以外に、無印やらスーパーでも買いあさってるので、結局10万円以上買っている。

これだけを見ると、

金遣い荒いんだよ、ボケ

とか思われそうだが、今年の年末は日本に帰らないし、買い出し旅行もしない予定なので、向こう半年分の食糧を確保しなければならない、と言う観点からは、これでも全然足りないのだ。

なお、買い出し旅行をしない理由は、言うまでもなく我が家が赤字決算である事による自粛である。良く見たら赴任前より貯金減っとるし。アホか。

3枚目;遂に食らう税関チェック

チェンナイの空港では、預け入れ荷物をバゲージクレームに流す前に、X線検査をしているらしい。で、怪しげな荷物には、チョークとかででっかくCマークを書かれるらしい。

この事実は、一応事前には把握していた。

このCマークの意味は、恐らくCheckのCとかだと思う。さすがにChennaiのCでは、全く以って意味がわからないので、この推測が当たっている確率は高いと思うのだがどうだろうか。

で、過去、幾度となく日本食を持ち込み、その度にスルーされて来たのだが、今回遂にCマークをぶち込まれてしまった。あうち。

ここから物語は急展開を見せるのだ。

まず状況を整理する

今回の我々の荷物は、スーツケース4個と、明治屋のこの段ボール1個。

この環境でどう税関を突破するか。バゲージクレームの横で、マダムとの緊急会議が開かれた。

考えられるストーリーは以下の通りだ。

  1. 正面突破⇒通過
  2. 正面突破⇒捕獲⇒ネゴ⇒解放
  3. 正面突破⇒捕獲⇒ネゴ⇒失敗⇒賄賂⇒解放
  4. 正面突破⇒捕獲⇒ネゴ⇒失敗⇒賄賂⇒失敗⇒没収

この4択の中では、解放されるパターンが3つもあるので、シンプルに75%の可能性で突破出来るだろう。

しかし残りの25%、つまり2割5分の確率で、折角買った肉が没収される恐れがある。

2割5分と言ったら、ブンブン丸池山の生涯打率と大して変わらない。一発が出たらゲームがあっと言う間にひっくり返ってしまう。それは危険だ。我が家は作戦を入念に練った。

スポンサーリンク

物理的にCマークを消す

とにかく邪魔なのは、このCマークだ。こいつを消してしまえば全ての問題は解決する。

段ボールを外してしまっても、中には発泡スチロールの箱がマトリョーシカの様に隠れているので、梱包上は問題ない。

だが、超キレイで、何もフライトタグが貼られていない発泡スチロール程怪しいモノはない。即座に捕獲されるだろう。

そもそも、当方が肋骨を激しく傷めており、力技は不可能と言う事もあり、これは断念。

箱全体を塗りつぶす或いは何かしらのロゴに見せかける

これはなかなか良い作戦かもしれない。

我が家には、なかなかの絵心を持ったマダムがいる。

ウサギの絵を描いてみろ、と言われ、こんな感じ(⑤)になってしまう当方とはレベルが違う。

だが、この日我が家が持っていたのはボールペン2本。

途方もない作業になる上に、空港の片隅で段ボールにイソイソと落書きをしている様な怪しい輩は、大至急職務質問の対象になりそうなので、これも断念した。

ちなみにヒゲと眉毛は当方の友人が描き加えたものであり、負の意図を感じる。

スポンサーリンク

全面を隠す

税関職員に見られなきゃ良いんじゃん、隠そうぜ、と言うアイデアが出るには時間はかからなかった。

が、ご丁寧に全面にCマークが書かれている事に気付くのにも時間はかからなかった。

Cマークを全面隠すにはどうすべきか。

スーツケースで隠せるのはせいぜい上下面と前面だけだろう。

サイドはサイズ的に難しい。これは非常に困った。

困った結果、我が家が選択したのは以下の複合的な作戦である。

子供を最大限使う

サイドは抱っこひもとリュックで隠す

インド人は子供に非常に寛容だ。

これはマジでone ofインドの良い所だと思っている。

うちの下の娘なんかは、ヘラヘラしている事もあり、しょっちゅうインド人に絡まれている。

つまり、子供を全面に押し出しておけば、

税関職員の注意は子供に引き付けられるだろう

そして子供連れファミリーへのチェックの目も緩くなるはず

と言う打算だ。

だが、さすがにCマークが見えてしまった時にはその打算も水泡に帰すリスクが高い。

やはり、全ての面を隠さなければならない。

結果的に最終的な荷姿はこちらの通り。

無理矢理感ハンパねー!

後ろから見るとこんな感じ。

最終的には、この荷姿のカートを、紛争地帯的な顔をした当方ではなく、平和な顔をしたマダムに押して貰い、ベビーカーをお姉ちゃんに押して貰う事で対応。

この判断の背景には、ちっちゃな子供を乗せていても、それを押してる親父の顔が犯罪者面だと、±チャラになってしまうだろう、と言う考えがある。

なお、ベビーカーを押すお姉ちゃんに対し、

そこのおじさん(税関のオッサン)の足にぶつけるなよ!

とか大声で言いながら、税関のオッサンの注意をカートからベビーカーに引き付ける地味なプランも実行しておいた。

また、2人立ってる税関職員のうち、1人が別の人を捕獲している間にブラインドサイドをブレイクした事も書き加えておく。

おかげで何とか突破したのだが、何故今回に限って引っ掛かったのか。

過去、何回も大量の日本食を持参して入国したのに、今までは一回もCマークの刑に処された事はなかった。

一つだけ思い当たるとしたら、今回、この段ボールは中身がほぼ全部肉だった事くらいか。

今までは、適度に野菜やら冷凍のものやらを混ぜていたのだが、今回は剛直に9割を肉が占めていたので、ひょっとしたら『これはお前どう見ても肉だろ』的な判断が下った可能性はある。

真相は闇の中なので、次回は再度、肉野菜Mixの合コン座りを試してみて検証したいと思う。

なお、このCマークに引っ掛かった日本人が空港の駐車場にいたが、見事なまでに段ボールをフルオープンされており、見るに忍びなかった。


と言う事で、結局何が言いたかったかと言うと、

シンガポール最高

って事だ。

シンガポールでして来たラグビーの話はまた今度書く。

~今日の教訓~

賄賂の適正価格を知りたい。

今回、ルピーを持って行ってなかった事は迂闊だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする