AhmedabadのRegency続報

約1年前にAMDのリージェンシーについて書いた。(参照←クリック!)

今回2回目のAMDで、少し写真を撮り増ししたのでその追加情報を。

って、AMDってマジでニーズなさそうだけど。グジャラート州がそもそも禁酒州だし、ベジタリアンのモディさんの色が出まくってて、肉食に対してかなりネガティブだし。

とは言うものの、乗りかかった船、書いてみようと思う。

スポンサーリンク

まず酒情報について。

上述の通り、オフィシャルに禁酒とされているので、ホテルのレストランではガチで飲めない。一滴も飲めない。

メニューはこんな感じで、見事なまでにアルコールは消去されているのだ。

一応補足しておくと、ライセンスの様なものを申請して取得すれば、『7日につきビール500ml缶13本またはワイン3本またはウィスキー1本』と言う微妙な上限で購入が可能らしい。

ちなみに、滞在期間が15日になれば3倍、1ヶ月になれば6倍になるらしい。良くわからん。

とりあえず、ノンアルワイン ってのを頼んでみた。

いっちょまえに冷やされてやがる。

でも味は完全にジュース。しかも微妙な味付け。

こんな感じで酒もどきを嗜みながら中華料理屋で料理を注文。

中華料理屋だけど、和食も対応で、唐揚げとかポテトサラダもメニューに載っていた。

しかも結構美味い。

食べかけで汚くて申し訳ないのだが、麻婆豆腐はクソ辛い。

本人同様に素直な当方の内臓君は、この嫌がらせの様な辛さに対して、ソッコーで翌日ゲーリックをする と言う直接的手段で対抗して来た。

辛さを抑える為に頼んだティラミス、これもそこそこ美味かった。

てな感じで、前回宿泊時にチャレンジしなかった中華料理屋の晩飯を楽しみ、翌日の朝は前回載せたGFのレストランにて。

味も前回と同じっしょ、と思ってたら、安倍ちゃん効果なのか、こんなコーナーが出来ていた。

素晴らしいではないか。

味噌汁が普通に美味くて、乙女パスタに感動、じゃなくてオヤジ白味噌に感動。

・・・

・・

スベったギャグを解説しておくと、乙女パスタに感動、と言うのは、モー娘。の派生ユニットである『たんぽぽ』のシングル。

クソなめた曲でありながら、当時高校生だった当方は、石川梨華がクソかわいいと言って、普通にMDに入れていた。

今見たら、加護ちゃんもかわいいね。

話を元に戻すと、卵料理も食べられるので、前回チャレンジしなかったエッグベネディクトを頼んだった。

結論。なかなか美味かった。

当方の胃腸君は、前日の麻婆豆腐に対して既にゲリクソンになっていたので、このエッグベネディクトに対してどう言う反応をしたかは定かではない。

てな感じでリージェンシーの追加情報を載せておいたが、冒頭に記載した通り、グジャラート州自体が酒と肉食に対してネガティブなので、ここに赴任、とかなったらマジでテンションガタ落ちなのだ。

現時点で日本人は200人くらい?いると聞いているが、是非とも頑張って頂きたいのだ。

〜今日の教訓〜

グジャラート州には仕事以外では確実に行かない。

正直ですまん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする