ビスタラ航空とやらに乗ってみた件

ビスタラ航空、英語で書くとVistaraになるのだが、この航空会社をご存知だろうか。

ネット上の情報をかき集めると、

  • ビスタラ航空は、タタグループとシンガポール航空共同出資の航空会社
  • 社名の由来は、サンスクリット語のVistaarで、『無限の広がり』と言う意味
  • インド・デリーを本拠地としており、2015年1月から運航開始
  • 保有機体は、エアバスの320系オンリー
  • 女優のDeepika PadukoneをCMに起用し、高級感を演出
  • サービス面での差別化を図っている

と言う様な事らしい。

ちなみに、Deepika出演のCMがこちら。


マジかわいい。インドのどこにこんなかわいい子がいるのか、教えて頂きたい。

気を取り直してビスタラの話に戻ると、ちょっと前にJALの提携の話がニュースになっていたのでワンワールドなのかと思いきや、そうではないらしい。

かと言ってスターアライアンスメンバーでもなく、極めて中途半端な立ち位置としか言い様がない。ナンナンダヨ。

当方、チェンナイ⇔デリーの移動は、殆どのケースにおいて、クソ会社の悪名高いエアインディアを利用しているのだが、今回はクソ会社の運賃がクソ高かったので、クソーと言いながらビスタラを選択してみたのだ。

飛行機に乗る前編と乗った後編に分けて書いてみようかと思う。まずは乗る前から。クソ長くなる可能性については否定出来ない。

エコノミーとプレミアムエコノミーの価格差がほぼない

企業内最下級戦士としては、当然エコノミーを使うのだが、色々と運賃を見て行くと両方のクラスにはほぼ差がない。

絶対何かカラクリあるだろ、と思いつつ、今回は200INRのみの差だったので、鋭くプレミアムエコノミーを選択してみた。

一応参考までに下記画像を。

6/23のケースだと、差はこんな感じで、864INRの様だ。

スポンサーリンク

シンガポール航空のステータスしか適用されない

冒頭に書いた通り、JALとの提携を発表したものの、今の所その気配は1mmも感じられず、グローバルクラブ特典は何も適用出来ない模様。

且つ、スターアライアンスではないので、ANAのプラチナを持ってた所で攻撃力はゼロである。

ビスタラの自社マイレージプログラム以外で使えるのは、親会社でもあるシンガポール航空のクリスフライヤーのみ。一応、マイルもたまるみたいだ。

チェンナイ空港にはエリートゴールド向けのラウンジなし

先日、遂にクリスフライヤーのエリートゴールドを取得した当方、まるで初めてファミコンを買って貰った小学生の様に、もう嬉しくて嬉しくてタマランチ会長なので、

余はエリートゴールドじゃ、ラウンジを明け渡し給え

とばかりにチェックインカウンターでマウンティングしにかかったのは言うまでもない。

ところがこの地上職君、

サー、チェンナイのラウンジはビジネスクラスの人しか使えません、デリーにはエリートゴールド用のラウンジがありますので、チェンナイでは大人しく待ってやがりなさい

と返して来る。ぐぬぬ

残念な事に、チェンナイ空港ではゲート前の鬼混みしてる空間での待機を余儀なくされた。

プレミアムエコノミーは言うほどプレミアムじゃない

さて、ここから搭乗後の事を書いてみる。

先ほど、何かカラクリあるだろ、と思っていたプレミアムエコノミー、そこまでプレミアムではない。

JALのクラスJ的な感じと言えば近いかもしれない。

ポイントは、

座席幅はエコノミーと完全に一緒

足元が少し広いっちゃ広い

座席に電源があるワケでもない

と言う所だろうか。

たださすがに少しは差がついてる

とは言え、さすがにエコノミーと同格にするのは申し訳ない。

まず、搭乗後、CAがいきなり水を配りに来た。

ジュースじゃないんかーい と思いつつ、エコノミーでは水すら貰えないのでここはプレミアムならではなんだろう。

あと、おしぼりも出て来た点もプレミアムだと言う事にしておこう。

一応、こんな感じで仕切りもついてるしね。

ビジネス⇔プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミー⇔エコノミー

スポンサーリンク

メシも食ってみる

機内食の安全性を1ミクロンも信用していない当方、今まで数知れず乗って来た国内線では、2回くらいしか機内食を食べた事がない。

ただ、今回は搭乗後こんなのが配られ、瞬間的に心が揺れ動いた。

表紙。

めくると、こんなのを出しますよ、と書いてある。

思わず二度見したのがこちら。

スタバやんけ!!!!!

スタバが監修しているコーヒーが飲めるって事なのかい?と言うそれだけの動機で、人生3回目のインド国内線の機内食召し上がりタイムが可決された。

じゃん。

チキンかパニール(豆腐みたいなヤツ)かの選択があり、リスク回避の為に肉を拒否した結果、中身はこんな感じ。

多少スパイシーなのは已む無しだが、まぁまぁ美味しかった。

そしてコーシーちゃん。

180度回転させると・・・

あらこんにちは!!

このマークを見るだけで安心してしまう当方、なんてカモりやすい顧客なんだろうか、と自分でも思ってしまう。

完全にビスタラの戦略にハメられておる。


てな塩梅で、ビスタラ航空なんてのを使ってみたよん、と言うお話だった。

今回はガラガラって事もあり、ほぼストレスフリーのフライトだったが、今後満席時にどうなるか、も見て行きたい所。

あと、デリーのラウンジが使えるみたいなので、どんな様子かお手並み拝見じゃ、と今から腕をぶん回している事は言うまでもない。

〜今日の教訓〜

コーヒーは大して美味くなかった。

我が家で飲むネスプレッソの方が実力は上。そしてディーピカって人初めて調べたけどマジかわいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする