『San』と言う敬称を考えてみる件

日本では誰も何の違和感もなく使用しているこの『さん』と言う敬称。

インドでも多くの日系企業の人が使っているのではないだろうか。

ただ、インド人の中には、なんで『さん』をつけるのかがきちんと理解出来てない人がいる。

『周りが使っているから何となく』と言う、現状に疑問を持たないパターンのヤツもいるだろう。

スポンサーリンク

Sanが敬称なのか名前なのかってトコから入る

以前、デリーの工場の人事担当に、

ここのホテル初めて泊まるから、費用とかそっちでネゴって予約取っとけ!

みたいに居丈高に命じておいて、当日チェックインしようとした時の事。

レセプションのお姉ちゃんが、

『あなたの名前が間違ってます、サー』

と言って来る。

何を言ってるんだい君は、俺はタマノミヤと言うんだよ、と回答。(してない)

そしたらモジモジしながら、『いや、でも、、』みたいに言って予約票を見せて来た。

すると。

Last nameがSanになっているではないか。

San Tamanomiya。サン珠宮。

まるで売れない芸人の様だ。

おいおい、これはね間違いなんだよ、Sanと言うのはJapaneseで言う所のMrでね、、と懇切丁寧に説明してやっとチェックイン出来たのである。

これ、要はデリーの人事担当がホントに当方の名前をSanだと思ってたのか、或いはホテルにLast nameを聞かれて、面倒だからSanって答えたかどっちかって事。

どっちでも良いし、確かめるのもアホらしいので聞いてないけど、Sanの意味を理解していないのは間違いない。

やっぱり意味がわかってない使い方が多すぎる

他のおかしな利用例では、自分の名前を言う時にSanをつけて来るインド人もいる。

ドライバーで、自分の事をムティさんムティさん、と言ってる輩がいて、直すのも面倒だから放置している。

また、BCCで一斉配信するメールで、『Dear all』って書けば良いのに、『Dear San』と書いてる輩もいる。

これは主にお客さん側で多発しているので、誰か注意してやれよ、と毎回思いながら見ている。

インドでSanなんか使わなくて良くね と思いつつ

当方、本格的に外国人と仕事で関わる様になったのは、違う仕事をしていた時で、その時の相手がシリコンバレー(!)の連中だったので、当然ながらSanなんか使わない。

メールだって、Hi Gabe、とかHi Kenny、的に始まる感じだし、改まったメールを書く時も、Dear Mr.○○ だったので、どうもこのSanには慣れなかった。

インドに来てみると、みんな当然の様にSanを使っていたので、

いいかい?ここはインドなんだ、君の会社は日系企業だけど、インドの会社なんだ、だから全部が全部日本を真似る必要はないんだよ、Sanを使わずにフランクに行こうよ!

みたいなノリで最初接してみたものの、当方の英語がクソすぎたのか、華麗にスルーされたので、あっさりSanを使う様にした。

ぬるい。

ただ、最近はやっぱりいちいち部下とかにSanをつけるのはかったるいので、メールではSanを使うが、呼ぶ時は思いっきりSanなしで呼びつけている。

Sanが敬称だ、と信じているインド人がいたら、何このおっさん今日怒ってんの?とか思ってるかもしれない。

SanでさえわかってないのにSamaとかぶっ込まれたら完全コンフュ

そんな中、先日はるばる日本から来たお客さんが、帰国後にご丁寧に議事録をインド人も含めて全員発信してくれた。

そのメールの書き出し。

Dear Tamanomiya san、と書いてくれれば良い所を、Dear Tamanomiya samaと書いて来たモンだから、インド人は完全パニック状態なのである。

恐る恐る

『Samaってなんですか、サー』

と聞いて来るので、

『これはGreater than Sanだ!』

とワケのわからない説明をしておいた。

それ以降、Tamanomiya sanではなく、Tamanomiya samaで呼んで来る部下がいるかな、と期待していたが、当方の人望がなさすぎるのか、逆に親しみやすすぎるのか、何も状況に変化はない。

インドに来て一年なので、帰る頃までには、『Tamanomiya san』ではなく『Excuse me Boss』と言って部屋に入って来させようと思う。

なお、インドは関係ないが、昔、むかつく上司を小馬鹿にするテクニック、とか言って、このSanの部分を伸ばして言う、ってのを良くやっていた。

安倍さーー(ん) と言った感じで語尾を徐々に消して行けば、音的には安倍さぁ、と呼び捨てしている感じになるのだ。

くだらないが、若かった当方はこれで鬱憤を晴らしていた。と言う小話。

~今日の教訓~

Kumarasan(クマラサン)と言うヤツを呼ぶ時にSanを付けると、ワケわからなくなる。

くまらさんさん!お日さまさんさん!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 珍宝湖 より:

    Tamanomiya kun,
    今回は久しぶりに面白い投稿だね!