炊飯器が届いた件

遂に届いた航空便に、炊飯器を入れていた事は前回書いてみた。

その炊飯器でご飯を炊いた感動が尋常じゃなかったので、興奮気味にまくしたててみる。

スポンサーリンク

日本の炊飯器を使うなら基本的に変圧器が必要

まず、炊飯器の説明から。

インドは電圧が違う(230V)ので、普通に日本の炊飯器(100V)を持って行っても即死するだけである。

海外用炊飯器、ってのも売っているが、レビューを見たりしていると、高いだけでお釜は薄くてちゃっちかったり、ろくなモンじゃない!と言う評判だったので、あっさり候補から外した。

となると、変圧器が必要になるワケだが、これがまぁ高い。

知人から譲り受けていたこちらのものごっつい(普通に5kg以上ある)変圧器を使っていたのだが、不慮の事故で死亡してしまったのである。

img_2484-1

仕方ないので、男らしく、こちらの変圧器を2台も購入した。

4万超えやで!!

予算が許すなら炊飯器は日本からの持参をオヌヌメする

で、態勢が整ったので、年末にヨドバシに行って国内用炊飯器を物色。

買った変圧器が1500VAまで対応しているので、それよりやや低めのモノを物色した。

そしたら2万円くらいでこちらの炊飯器にヒット。

光の速さで購入し、いそいそと航空便に詰めたのである。

なお、前出の変圧器は、1つを船便(2ヶ月後にご対面)、1つをハンドキャリーで持って来たので、現在、我が家の中には1つしか変圧器がない。

その変圧器を日本の家電が争って使っている状態の為、こんなワケのわからん状況に陥っている。

img_2692

左から、ホームベーカリー、今回の炊飯器、ドルチェグスト、ネスプレッソ、空気清浄機。何してんねん。

同時使いができない為、常時稼働させていたい空気清浄機殿は、ご飯を炊いている時と、コーヒーを飲みたい時はレストとなる。

ホームベーカリーに至っては、未だに出番すら与えられていない。まるでソフトバンクの松坂の様な扱いなのである。

ご飯が炊けた時の感動は尋常じゃない

と言う事で、昨夜、今日の朝にご飯が炊ける様にセットして就寝し、朝起きた時の画像がこちら。

img_2696

インドでこんな光景に出会ったのは、9ヶ月を経て初めてなのである!この感激ったら!!

なお、インドの水は基本的に硬水なので、その影響があってかどうかは不明ながら、本日のお米さんはやや硬めだった。

機種によるものなのか、水によるものなのかは今後検証を進めて行くが、とにかくインドでの初めてのお米さんはやや硬かった。

でもそんな事関係なし。美味い以外の言葉が見当たらない。グルメリポーターは絶対できないレベルだけどいいの。美味しいから。

今日の朝、並びに夜と、炊飯器を駆使しまくって、余ったお米はソッコーで冷凍庫にぶち込んだのは言うまでもない。

〜今日の教訓〜

しつこいけど、炊飯器は日本で買って来よう!!

海外用炊飯器は試してないけど、間違いないよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする