キッチンでカビと闘った件

先日、待ちに待った船便が遂に届いた!

まずその様子をサラリと書いた上で、その荷物をウルトラ大整理してる過程で、マジで見たくないものを見て、闘いたくないものと闘ったので、それをメインに書いてみる。

スポンサーリンク

船便50箱って意外と少ないよ!

まず船便の話。

当方、会社制限80箱の所、イマイチ規模感が掴めなくて、50箱しか出さなかった。自分の中では60〜70くらいは行ってるかな、と思ってただけにここは残念ポイントである。

ただ、50箱でもボリューム感満載で、到着した時にはこんな感じに。

足の踏み場がねー。

日通の安定感はなかなかだよ!

ちなみに、作業は前回のチェンナイ内引っ越しでもお世話になった日通君に依頼。会社指定なので当方の意思はゼロだけど。

前の週の金曜日にパスポートを預け、中5営業日で土曜日に持って来るナイスプレー。

元々は、

『土曜日に税関から出荷許可が下りるので、来週配達しますね♡』

と言われてたが、来週になるイコール開梱作業が1週間延びる、なので、ゴネて土曜日に持って来て貰った。ラッキー。

で、16時頃に配達、と言われた為、土曜日は会社の運動会と言うイベントがあったが、途中で男らしくほっぽり出して帰宅して待っていた。

すると、なんと15:55に日通が到着。前回の引っ越しと同様、ガチで時間に正確なのである。素晴らしい。

インドではこんな基本的な事でも感動できるので、これはインドの良い所。

で、搬入もバケツリレー的に、これは玄関、これはリビング、これはキッチン、と言う風にしっかり対応してくれ、30分弱で終了。

で、土曜日だけで気合いの40箱開梱を成し遂げ、最後に一番手のかかる食器類を残しといた。

食器類は、これでもか!と言うくらい過剰梱包がされており、一箱開けただけで、この量の副資材がこんもりと。

ま、安心で良いんだけどね。

パンドラの箱を開けてしまった

ここでようやく本日の本題に至るのだが、いざ食器類を片付けようとすると、どうしても今まで目を向けて来なかった収納スペースも確りと確認せざるを得なくなる。

下の写真に写る、キッチンシンクとガスレンジの間の幅広の引き出し。

ここは以前、一人暮らしをしている時に、木製のヘラがカビに蹂躙された苦い思い出のある引き出しなのだが、もうここを使わない選択肢はなく、勇気を振り絞ってオールオープン!

んんん?

ぐはっ!真っ黒やんけ!!!!

スポンサーリンク

これは大至急退治せなあかん

これはあかん!何とかせねば!と言う事で、以下の無駄な品揃えの中から、花王さんの誇るハイターブランドを今回の武器として選択。

退治の仕方としては、ハイターを染み込ませた雑巾でひたすら拭きまくる、と言う原始的なやり方だが、さすがにこの闘いに挑んだ雑巾4枚さんは、そのまま殉職されてしまった。無念。

彼らの殉職の成果がこちら。

うむ、何事もなかったかの様である。マダム超ファインプレー!

やはり水回りに近いから、と言う事なのだろうか、この隣の引き出しもカビまみれになっていたので、ついでに退治した。(マダムが)

効くかどうかは全くわからないが、神頼み的な意味合い半分で、除湿剤的なものを設置しておいた。

何とかカビのカムバックを防げます様に、とリアルにお祈りする勢いである。

〜今日の教訓〜

やっぱりハイターと湿気取りはマストアイテム!!

色々買いまくった成果あり!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする