チェンナイ土産について書いてみる件〜殿下セレクションベスト5

さて、来週から力強く日本出張である。

上司殿から日程の短縮を要求されたが、漢らしく拒否し、約2週間に渡る長丁場である。且つ、最後の方はタイに寄る、と言うあり得ない行程だ。普段から真面目に仕事して来て良かった。

日本出張に際しては、顧客との日程調整だとか、プレ資料の作成だとか、そんな事よりも何よりも、

日本で配るお土産を用意する

と言う作業に最も難儀する。

何故ならば、チェンナイには大したお土産がないから、である。

とは言え、名産品的なモノはたくさんあるんだろうし、やや語弊があるのできちんとした表現をすれば、日本人ウケするお土産があまり多くない、になるだろうか。

そんな中、当方がほぼ毎回用意しているお土産をここぞとばかりに公開する。

参考になれば嬉しいが、それよりも、え、そんなしょうもないモン買ってんの?もっと喜ばれるのあるのに、等と言ったご意見はウェルコメなので、是非頂きたい所だ。

スポンサーリンク

バターチキンカレー

これはエース中のエース。当方がインドの中で最も心を許せる食べ物と言っても過言ではない。

一個、55INR、約90円。

これ、意外と売ってない店が多いが、パークハイアットの目の前のニルギリスではほぼ毎回入手出来る。

こちら↓

なお、本日、豪快にこの店で根こそぎ購入(26個)し、在庫切れを引き起こしておいた。

日本から来たお客さんにも毎回これを渡している。喜んでいるかどうかはわからないが、やはり自信を持って背景を語れる、と言うのはお土産を渡す際には非常に重要だと思う。

スポンサーリンク

ヒマラヤのパーティスマート

過去、何度か紹介した事のある、ヒマラヤのパーティスマート。

これは、飲酒前に飲めば全く以って二日酔いしなくなる、と言う魔法の薬である。

5錠入りが1パックで60INR、約100円弱、その1パックが5個入った箱が300INRで売ってる、と言うシロモノである。

1箱買って、その中身をバラして1パックずつバラまく事が出来るのだ。

『インドの薬』と言う点、並びに『ドクターマリオ並みにドギツい色をしている』と言う点から、お土産として渡しても、

え〜何か変なモンなんじゃないの?

等と極めて不愉快な対応をされる事が多いのも事実である。

昨秋の出張の際、大学ラグビー部同期・会社同期・会社後輩の3名と飲みに行ったのだが、飲むか飲まないかで完全に命運が分かれた。

ラグビー部同期:開始前から摂取→完全に無事→もっとあの薬くれ

会社同期:飲まずに会の途中で死亡

会社後輩:最初は飲まず、途中で摂取するも時既に遅し、会の途中で死亡

殿下:飲酒前・飲酒中・飲酒後の3回に渡る過剰摂取で二日酔いなし→但し痔になると言う代償を負う

如何にこのツールが優れているか、がおわかり頂けるかと思う。当然、ぬるくて無礼でどうしようもないこの2名は、店に放置して帰った。

なお、このヒマラヤと言うブランド、オーガニック系のモノしか使ってない『ハズ』なので、健康への影響はないと勝手に解釈している。

いつもはこのヒマラヤショップで買うのだが、今日行ったらどこかの誰かに買い占められていて、在庫がなかった。悔しい。


ついでに書いておくと、日本でもアマゾンで購入可能。

但し、こっちで300INR×5箱=1,500INR≒2,300円程のモノが、上記画像では7,473円である。

なので、お土産であげたりせず、メルカリ等で売りさばく事も充分に可能だと思うが、当方の中ではそれはかなり漢らしくない、ぬるい行為だと思っているので、やらない。やりたいヤツは勝手にやれば良いだろう。

スポンサーリンク

レイズのポテチ

これこそ、コストコだの何だのでも買えるモノだが、インドでは激安なのでバラマキ用として非常に重宝している。

30g入りの一番ちっちゃいヤツだが、お値段まさかの10INR、約15円だ。マジかよ。

アマゾン曰く、28g入りのが54袋で2,040円+送料らしいので、1袋当たりだいたい40円くらいだろうか。

これもさっきのと同じロジックで、日本に持って帰って商売しようと思えば出来るだろう。

当方は、サワークリームが一番好きなのだが、皆さんは如何だろうか。

スポンサーリンク

お茶(チャイティーとか)

インドでティーと言えば、問答無用でチャイティーだろう。緑茶が出て来る事はありえない。

このチャイティー、日本でもそこそこの人気があるんじゃないかと思っている。じゃなきゃ、スタバでチャイティーラテなんて発売されないよね、と言う考え方だ。

なので、お茶を良く買って行くのだが、正直、ブランドにこっちとしてはコダワリはない。ディルマでも良いんだけど、スリランカだしなぁ、と言う事で、こんなのは如何だろうか。

粉末タイプのチャイティーが10本入って140INR、つまり1本約20円ちょい。やすっ。

帰任済みの知人に頼まれて購入したが、なかなか美味い。チャイティー好きの人がいれば、このブランドに限らずマサラチャイはたくさん売ってるので、是非買っていってあげよう。

スポンサーリンク

ヒマラヤのフットクリーム

またヒマラヤに戻るんかい!と自分でも思うが、この時期(冬)は乾燥肌の人にとっては非常に重宝する。と思っている。

かかとがガサガサになる人にはオヌヌメ。20g入り1本50INR、約80円弱なんだけど、もう少し大きいサイズもあるので、そっちでも良いカモメ。

なお、これもアマゾンでは397円で売られている。

元々の価格が1,000円とか言ってお得感を醸し出してるが、こっちで買えば1本80円以下だぞ、ナメんな。


と言った塩梅で、殿下の数少ないお土産レパートリーを晒してみた。

マジで、

もっとこーゆーのがあるよ!

みたいなのがあれば教えて頂きたい所だ。

ヒマラヤの件じゃないけど、たくさんこっちで安く仕入れて、日本で高く売りさばく、ってのは賢いと思うし、需要があるんなら助かる人がいるんだし、一部の薬とかを除けば非合法なワケではないので全く以って批判対象ではない。ないんだけど、就活の時に

商社とか金融とか実体が見えにくい。男は黙ってメーカーだろ。

と言う謎なロジックを振りかざしていた身としては、どうも好きになれない。なんか、姑息な感じがするんだよな。

〜今日の教訓〜

インド版バイアグラってのもある。

いやん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パタヤ より:

    カレーのお土産は家族で美味しく頂きました。

  2. にし より:

    初めまして。
    チェンナイで一番面白いブログだなあと思い、いつも楽しみにしています!
    私も以前インドに住んでいたので、お土産難しいよなあと共感しました。
    今はインド旅行に来ているので、ブログの商品参考にさせていただきます!
    ヒマラヤの二日酔いに効く薬は初めて知ったので買ってみます。
    私のおすすめは女性目線なので、マダムはご存知かもしれませんが、
    トゥルシーというお茶や、大きいサイズだとビンで重いですが、日本でも流行ったココナッツオイルやギーも喜ばれると思います。プラスチックボトルの小さな物も見かけます。
    アノーキなどで売っているブロックプリントのハンカチもおすすめです。
    あと、特別なお土産ならインドのバービー人形が可愛いです。先日チェンナイのモールで期間限定のバービーinタージ・マハルなど色々見ました。

    今回初めてチェンナイに行きましたが、モールがピカピカの都会で驚きました!
    でも、大気汚染がすごいですね。。ご自愛くださいませ。

    • tamanomiya より:

      コメントありがとうございます〜
      ギーって喜ばれるんですか??一時期、ご飯にポディとギーかけて食べるのに激ハマりしてましたが、激太りしてやめました笑
      デリーなうなんですが、チェンナイの空気が良い様に錯覚してしまうレベルでエグいです。。インド在住のご経験がある様なのでご存知かとは思いますが、どこ行っても基本的に空気は良くないと思うので、深呼吸厳禁ですw ご注意ください!