キャセイパシフィックに初めて乗ったらビジネスにアップグレードされてうっほいだった件

鋭くマカオに行って来た。(仕事だよ)

今日は、鋭くキャセイパシフィックを選択した所、鋭くビジネスにアップグレードされた為、鋭くフルフラットで寝れてラッキーだったよ、と言うおはなしである。

マカオへの行き方

今回は香港経由で行った。

チェンナイからマカオに行くには、シンガポール経由でダイレクトに、と言う考え方もあるが、トランジットの時間が長い上に、帰りなんてシンガポールでストップオーバーしなければならないので選択肢からは消える。

一方で、香港へはチェンナイからキャセイの直行便が出ている為、香港からバスでマカオに行く、と言う選択をしたのだ。

なお、エアアジアとかでマカオに行く事は出来るが、結局トランジットが必要だし、香港とマカオの距離を考えれば、バス或いはフェリーで行き来した方が良いだろう。

チェンナイからマカオに行こうと考えている方、参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

取ったのはプレミアムエコノミーだけど

キャセイのフライトは、チェンナイ25時40分発、と言う殺人的なスケジュール。眠すぎてどうしようもない。

さすがに少し楽に行きたい、って事でプレミアムエコノミーを買わせて貰った。

当方は、金にモノを言わせて、JALのグローバルクラブ会員の権利を毎年力強く購入しているので、自動的にワンワールドサファイアのステータスを保有出来ている。

従って、24時頃に空港に入った後はラウンジでのんびりしてから搭乗、と言うプレーが可能である。当然、ギリギリまでラウンジで粘って搭乗ゲートまで行ってみた。

んが。

今回は、上司殿と後輩殿と行ったのだが、3人でボーディングゲートまで行くと、上司殿と当方だけが止められ、後輩殿はそのまま搭乗させられる、と言う謎な事態が起きた。

なんでだよ!と一瞬思ったが、次の瞬間には、

これはビジネスにアップグレードか???

と鼻の穴を膨らませて待っていたのは言うまでもない。

スポンサーリンク

ボーイング777-300のビジネスは快適やで

で、結果的に上司殿と当方はアップグレード、後輩殿だけプレミアムエコノミーにステイ、と言う、格差社会の象徴の様な結果となった。

これは、

  • 上司殿と当方がJALのグローバルクラブ会員で
  • 2人ともキャセイ搭乗が初めて
  • ビジネスはガラガラだけど
  • プレミアムエコノミーは満席

と言う条件によるものではないかと思っている。

初めて搭乗する客はビジネスにアップグレードされやすい、と聞いた事があるが、それはホントなんだろうか。出来れば2回目以降もよろしくね♡と思っているが、現実はそんな甘くないだろう。

今回の機体はボーイング777-300で、キャセイのHPによるとレイアウトはこんな感じ。

斜め配置型、である。

写真ではこんな感じ。

毎回やってしまう、これ。

離陸して、座席を倒してオッケーになった瞬間、フルフラットにして爆睡したのは言うまでもない。

ちなみに、先ほど『ビジネスがガラガラ』と書いたが、実際、かなりガラガラだった。

大丈夫かキャセイパシフィック。

スポンサーリンク

アメニティがイケメソ

キャセイのビジネスに乗ると、こんなのが貰える。

中を開けると・・・・

ジュリークの化粧品が入っとるやないかい!

リップクリーム・ハンドクリーム・お肌に塗るクリーム、の3点セットなので、女子力の高い当方はこれらを全く使う事なく全て持ち帰り、マダム(嫁)に差し出した。基本動作である。

スポンサーリンク

朝飯は超豪華かと思いきや

3時間くらい寝た頃だろうか。

周りから、カチャカチャと食器の音が聞こえて来て目が覚めた。

今回は、これを利用して寝ていたので、いつもより疲れが取れた様な気が・・・しないでもないが、あんまり違いがわからなかった。

そして、寝る時のBGMはこちら。

快眠なのである。

で、その快眠を邪魔されたので、仕方なくメシを食う事に。

まず、起きた当方にすかさずサーブされたのがこちら。

昔は、インド発の飛行機で出るフルーツなんか絶対食べちゃダメ、と言うのが常識だったのに、思考回路が停止していた事もあり、あっさり全部食ってしまった。

これを食べ終わったら、次はメインコースですよー、との事でこのメニューを渡された。

まだ暗い中で撮ったので見にくいが、オムレツと言う文字が見えたので、すかさずオーダー。

と思ったら、

サー、オムレツは品切れです

との悲しい返事。マジかよ。

おいおい待ってくれよ、俺の見る限りまだ寝てるヤツちょいちょいいるぞ、それでもうオムレツなくなった、ってどーゆー事だよ

と思ったが、ないモンはないんだからしょうがないよな、って事で大人しく2番目のラムから始まる何かにしておいた。と言うか、3番目のはゴリゴリのインド仕様なので、消去法とも言える。

早速運ばれて来たのがこれ。

何と言うか、良くわからない。

間違いなく言えるのは、

一番美味しかったのは寝起きで飲んだオレンジジュースだった

と言う事である。これも不味くはなかったけどね。

最近、チェンナイ⇔日本のフライトをビジネスで調べると、だいたいスリランカ航空かキャセイパシフィックが一番安い、との結果を出す事が多い。

安いんだから、機内食がちょっと期待はずれでも仕方ないよね、っつーかそもそもお前プレミアムエコノミーの料金しか払ってないんだから文句言えないよね、って事で何も文句はないのだが、メシに関してはちょいと残念だった。

なお、キャセイ大好きな知人曰く、

キャセイのオムレツ美味しいんだよ〜!

との事だった。

ちなみに、マカオに着いた後、4日連続で豪腕ゲーリーグッドリッジの襲撃を受け蹂躙され続けたので、ひょっとしたらキャセイの何かに要因があった可能性も否定出来ないが、証拠もない為、気にしない事にする。

スポンサーリンク


てな感じで、キャセイのビジネスクラスについてちょっと書いてみた。

冒頭に書いた通り、チェンナイ発25時40分だし、成田から来てもチェンナイ着24時10分とかなので、どっちにしろ日本往復に使うにはちょいとキツい。

やっぱりSQでしょ!とか思ってるけど、良く考えたら半年後にはANAの直行便が出来てるんだった。

でも高いんだろうなぁ・・・

運賃発表が楽しみやで!!

〜今日の教訓〜

帰りはアップグレードされなかった。

当たり前だよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする