久しぶりに日本出張が入ったので狂った様に飲み会を入れたついでに言葉遣いを正す件

当ブログをご覧の皆様、ご機嫌如何でしょうか。

10月は、サラリーマンっぽく、予算やら中期計画やらの策定に溺れております。

結果、ヒマなはずの当方がヒマじゃない様に見えますが結局はヒマなのでヒマつぶし目的ではないけれども必死にブログと向かい合っております。

この読みづらい文章から、結局殿下はヒマなのかどうか、を導き出した方、読解力に秀でていらっしゃると思います。

さて、のっけからですます調で文章を書き出しましたが、ちょっとした実験をしてみようと思っております。

それは、

10月ですます調文章強化月間

とでも申しましょうか、今月いっぱい、ですます調で文章を書いてみよう、と言うモノでございます。

普段、常体の文章で色々な事を剛直に書き殴っておりますが、お堅いビジネスアーティクルじゃあるまいし、世間一般的には常体の文章はあまり好まれない様であります。

人から好かれたくてしょうがない、八方美人二枚舌同じ話前一回したby K-Dub Shineの当方は、ですます調の文章を滑らかに展開させる事により、新たな顧客層の発掘を目論んでいる次第でございます。

既に読んで頂いている、所謂既存顧客の方が、実は常体の口調の当ブログを好んで頂いており、この実験の結果、PVが落ち込む等の効果が見られた場合には、11月から即座にスタンスを変更する所存です。

そんなカメレオン殿下ですが、来週から珍しく日本出張する予定でございます。

  • 10/17;SQで脱チェン
  • 10/18;日本着と同時に飲み会(泥酔コース)
  • 10/19;美容院・病院・飲み会(泥酔コース)
  • 10/20;ラグビー観戦・飲み会(ほろ酔いコース)
  • 10/21;買い出し・飲み会(新田中・ほぼ飲まずに寿司に集中)
  • 10/22;出社・飲み会(ほろ酔いコース)
  • 10/23;顧客訪問・接待(泥酔コース)
  • 10/24;出社・25日用の資料作りで恐らく飲み会出来ず
  • 10/25;出社・飲み会(泥酔コース)
  • 10/26;出社・飲み会(酔わないコース)
  • 10/27;鬼の梱包作業・ラグビー観戦・パパスとママンとご飯(焼肉必須)
  • 10/28;日帰りでタマノミヤ牧場
  • 10/29;泣く泣く帰国

と言った塩梅で、狂った様に飲み会を入れております。

月月火水木金金 と言う形容がぴったりでございます。

スポンサーリンク

問題点は、誰にも貸さずに放置している自宅についてでございます。

自宅はマダムの実家のそばにあり、鍵は義理の両親に預けてある為、マダムの実家を訪ねないと受け取る事が出来ません。

ところが、到着した日、並びにその翌日共に、メンバー的に確実に泥酔⇒タクシーコースが見えている為、鍵の受け取りが出来ないのであります。

何なら、土曜日も夜は飲み会が入っており、ジジババが起きている時間には帰れない為、住み慣れた我が自宅に戻れるのは、帰国後まるまる3日が経過した日曜の昼になってしまうのであります。これは誤算ですが已む無しと考える事と致します。

さて、何故これだけ飲み会を入れる必要があるのか?これは非常に的確な疑問点であります。

しかし、解答は非常にシンプルで、5月末に家族と一緒に帰った際、殆どを北海道旅行に充ててしまい、全く友人に会えなかった事、昨年末に帰国した際も、到着後家族揃ってソッコーで風邪をひいた為、これまた同じく友人にほぼ会えなかった事もあり、

オトモダチに会う

と言う現象に、最早憧れに近い感情を抱いている為であります。

当然、上記の日程を作り込むには、数々の友人にコンタクトをする必要があり、業務中にもチコチコとラインをイジっているその姿からは、

やっぱりお前ヒマじゃん

と我ながら感じてしまうのですが、これもあくまで出張の一環、業務と同義でございます。

友人たちとコミュニケーションを取っていると、ほぼ確実に

ところでインド人は何食べたいんだ?

との質問を受けるのですが、非常に有難い一方で、

そんなに飢えてねーぞ

と反骨心がむくむくと湧き上がるのであります。

或いは、

お店はインド料理屋で良い?

等と言った、あからさまにイジりに来る発言もあり、やはり日本に住んでいる人目線ではインドは特殊な国に見えているんだろうなぁ、と感じます。

しかし、当方は断じてこう言わせて頂きたいのです。

吉野家の牛丼ですら嬉しい

と。

スポンサーリンク

先日、やや遅めに帰宅した日の事。

マダムも子供達も当然ご飯は終わっておりました。

しかも、マダムがせっかく、『これはパパの分ね』と言う趣旨で多めに作ってくれていた豚の生姜焼きも、どうやら長女に完全にジャッカルされた様で、1mmも残っておりませんでした。

仕方ないので、レトルトの何かを作る事になったのですが、マダムからの

吉牛で良い?

と言うオファーに対し、脊髄反射でOKを出したワケでございます。

お腹が減っていた当方、レンジでチンした吉牛+レンジでチンしたサトウのご飯の黄金コンビを一口。

尋常じゃない美味さであります。控え目に申し上げても、『クソ美味い』なのでございます。

いやー最高だよね、家に帰ってから牛丼食えるとか、吉野家に感謝だよね

とかのたまった所、マダムから

それ豚丼だよ

とバッサリ斬り捨てられました。

あまりに美味すぎて、言われてもなお、全く違和感なし。言い方を変えれば、豚と牛の違いもわからないくらいのバカ舌に成り下がっております。

この現象が、まさにone of インド赴任の良い所。

今ならば、恐らく富士そばでも容易に感動出来ます。

世のサラリーマンが、時間短縮と費用削減の為にチョイスする富士そばや吉野家で、同じ費用を払って倍以上の時間店に居座り、結果的に彼ら対比で圧倒的な幸福度を感じる事が出来るのです。

これを『インド赴任して良かった事』に挙げずして何を挙げるのか。この難題を解き明かす為には、やはりインド赴任して自らで確かめて頂く他ございません。

と言う事で、所属企業にインド支店があるサラリーマンの皆様。大至急インド赴任希望を出してください。

思っているより、よっぽど幸せになれるのです。

スポンサーリンク

気を付けなければならないのは、帰国日の成田空港で、もし

空港内で最もテンションが低い人コンテスト

が行われていた場合、文句なしに優勝争いに絡んでしまう程、帰りのフライトが憂鬱な事でしょうか。

ヒップホップ調に表現すれば、目線はほぼ90度ー、見た目完全に重症ー、楽しかった日々を空想ー、しながら彷徨う空港ー、Yeahチェックワンツーお前の三半規管貫通(by DABO)

こんな感じでしょうか。

ただ、それも、帰宅してマダムと子供がおかえり~と言って迎えてくれれば吹き飛びますので、ご家族がいらっしゃる方は、帯同での赴任をオヌヌメ致します。

なお、バカ舌が勘違いした吉牛の豚丼は、牛丼と共に吉野家のサイト或いはアマゾンで購入可能であります。

牛丼の価格につきましては、前回はメーカー公式に軍配が上がったと書きましたが、今回改めて調べた所、

本家公式;4,480円+配送料900円

アマゾン;4,480円+配送料1,263円

と言う事で、やはり本家の勝ちか・・と思ったら、

アマゾン;4,980円+配送料無料

と言うのがあります。

こっちが配送料高いヤツで、

こっちが配送料無料のヤツ。

2番目に載せた配送料無料のモノが最安値かもしれません。コープデリでも売ってたので、意外とそっちの方が安い、とかある可能性がありますが、今度帰国した時に調べてみようかと思います。

日本在住の方も、ご参考までにお試し頂く事をオヌヌメ致します。

豚丼は、12袋入ってほぼ同じ値段ですから、当方の様なバカ舌には豚丼で充分かもしれません。

なお、しつこいですが、インドに持ち帰る場合は、こちらのロゴスのクーラーバッグとアイスパックで完全防備致しましょう。

と言った感じで、取り留めのない話をダラダラとして参りましたが、この書き方が10月いっぱいは続きます事を書き記しまして、先ほど、追突された事をご報告申し上げます。

新車に追突しやがって。ぶっ殺す。

~今日の教訓~

コツン 程度で全然気にならないし、傷もついてない。

インド人はぶつけ方が上手いのかな。

K-Dub Shineのさっきの歌はこちら!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Yoko より:

    デリー在住ですが、いつも更新を楽しみにしております。
    ちなみに文体はいつも通りの方が読みやすく、好みです。

  2. 鬼雷砲 より:

    20日ラグビー観戦とは秩父宮でしょうか。

    小生も参戦予定しており、お気に入りは向正面(健司)のJ SPORTSに映りやすい席です。

    • tamanomiya より:

      秩父宮でございます!恐らく当方もバックスタンドかと思います。
      向正面と言えば舞の海の指定席ですね。