インドのトイレ事情が壮絶な件

ちょっと汚いお話。

インドって国は汚い。誰が何と言おうと、キレイではない。絶対に。

ゴミはポイ捨てだし、分別とかそんな考え方もほぼないし、その捨てられたゴミを神様の乗り物であるはずの牛が食べてるし、何ならそれが原因で死ぬ牛は結構いるみたいだし。

これは教育によるものが大きいとは思うけど、インフラ環境だって全然整っていない事もあり、トイレが全然足りていないらしいよ、ってのが今日のトピック。

スポンサーリンク

国民の半分くらいが外でなされている

かなり衝撃的な数字だけど、7億3,200万人が未だに外でうんこしてるらしい。

インド全体の半分、日本人の6倍くらいがうんこを外に垂れ流しているのだ。恐ろしい。

調査による正確な数字を書くと、56%がアウトサイドうんこまんなのだ。こわ。

モディさんもそれはあかんと思ってる

こんな状態だから、インド政府は『スワッチ・バーラト』と呼ばれるトイレ改革を行っている。

英語で言うと、クリーン・インディア らしい。

2019年10月2日(ガンジーの誕生日)までに、外でうんこする人間をゼロにする!と言う壮絶な計画だ。

その頃には当方は日本に帰っている(希望的観測)と思うので、結果を見届けられないかもしれないが、頑張って是非ゼロにして欲しい。

一応改革は進んでいる

一応、この改革を宣言した2014年からは、3年かけて5,200万世帯でトイレが設置されたらしい。

1世帯4人と仮置きすると、2億人くらいがトイレをゲットした事になるので、残り7億人がトイレをゲットするには7÷2×3で約10年から11年。

2028年とかなのだ。

2019年どころじゃないじゃん!遅っ!

うんこよりEVが先に来る?

また、インド政府は、インドの車の全てを2030年までにEVにする、と言う野心的且つ無謀且つ非現実的な目標を掲げている。

トイレが誤差で2年伸びて2030年になったら、街ではクリーンなEVが走っているのに、家の周りではクリーンじゃないうんこが撒き散らされている事になる。

えらいこっちゃ。

スポンサーリンク

うんこしてる写真とかクソ恥ずかしい。クソだけに。

さすがにこのスピードじゃまずい、と政府も考えているのか、政府は地元のボランティア等を使ってパトロール活動もしてるらしい。

外でうんこしてるヤツを見つけると、写真を撮ってみんなに晒す事が彼らのパトロール活動の様だ笑

それはそれで恥ずかしいけど、うんこしてる所より、ケツふいてる所の方が撮られたくないけどな。。

ちなみに、そのパトロール活動をしてる連中は『モチベーター』と呼ばれるらしい。何がモチベーションなのかわからんけど・・・


と言う事で、汚い話を書いて来たが、中国も中国で、習近平がトイレ革命とか言ってトイレの設置を進めているらしいので、中印仲良く、トイレの設置に勤しんでもらいたいのだ。

と言うか、インド人は、まず道路脇とかで立ちションするのをやめろ。

〜今日の教訓〜

TOTOさん、ビジネスチャンスですよ!!

ウォシュレットつけたって、水が汚いからすぐ壊れちゃう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さくもん より:

    インドブログにこんな面白いのがあるとはー!!!
    ブログ村ランキングにぜひ登録して下さい。
    ぜひインド在住の方々に読んで貰いたい。
    私もゆっくり読破したいと思います。

    • tamanomiya より:

      掘り当てて頂きありがとうございます。
      ブログ村ランキングってあんまり馴染みがないんですが、『ぽちっとしてね』みたいなヤツですよね?システムがイマイチ良くわかってませんが・・・
      貴ブログに、Aadhaarの事書かれてましたね。政府の対応が相変わらずで笑けて来ますね。