海外居住である事を良い事にヨドバシで免税で買い物してみた件

少し前の話だが、2週間程鋭く日本に行っていた。

当然、あれもやりたいこれもやりたいの精神が前面に押し出され、その結果、分刻みとまでは言わないまでもかなりキツキツの予定を組んでしまい、リフレッシュしたのか疲れたのか良くわからなくなってしまった。

北海道旅行と仕事を両方組み込んだ為そうなってしまったのだが、

時間の使い方って難しいよね

と言う極めて普遍的且つ低レベルな感想で締めくくる事とする。

そんな日本へのトリップは当然ほぼ全てが楽しく、満足度の充実と比例して出費も嵩んで行った事は言うまでもない。

少しでも出費を抑えなければ、、と言う思いから、免税による買い物に初めてトライしてみたので、そのお話を書いてみる。

小3のくせにMacBookAirとか超生意気

我が家の長女殿は、今度の8月でアメスクのグレード3に進級する事になっている。恐らく、パパと違って、毎年進級判定会議にかけられる様な事もないだろう。

グレード1でアメスクに編入してからはや1年半。英語まみれの教室にいきなり放り込まれて良く頑張ったなぁ、俺だったら心折れてたな、と感慨深いものがある一方、既にヤツが何を言ってるか聞き取れなくなっており、パパが嫉妬に狂っているのも事実。

これからますます英語がうまくなって行くんだろな、授業もだんだん難しくなって行くのかな?とか思ってホンワカしてたら、マダム(嫁)から衝撃の通達。

曰く、

グレード3から授業でパソコンを使うらしく、MacBookAirが必要。

との事。はっ?

具体的に何をやるのかはイマイチわからないのだが、既に我が家に実戦配備済みのiPad+キーボードじゃダメなの?と聞くと、操作性の面からもラップトップの方がベターらしい、との事。

この俺様ですら31歳で初Macだったんだぞこの野郎、と思いながら、長女殿は弱冠8歳にして既にMac使いとなる事が確定したのだ。シット。

スポンサーリンク

Macは意外と日本が安い

と言う事で、8歳児の為にMacBookAirを購入しなければならなくなったタマノミヤ家、通称宮家。

さぁどこで買うか、インドかドバイかシンガポールか、と言った感じで、一応AppleStoreとかで価格を横並び比較してみたけど、結論から言うと日本がたぶん一番安い。気がする。

一番高いのはドバイで、次がまさかのインド。シンガポールは意外と日本とどっこいどっこいと言った感じだった。

なお、これはN=1のサンプル収集による結果であり、もっと探せばそんな事はないかもしれないので参考程度に聞き流しておいて頂きたい。

と言いつつ普通に高いんですけど

そんなこんなで、どうせ買わなきゃいけないんならポイント荒稼ぎしてやる!と鼻息荒くヨドバシカメラに突入。

案の定、普通に10万〜12万くらいで悶絶する事になるのだが、店員曰く、

他の製品と違ってApple製品は5%しかポイントつかないんですよね〜

とつれない対応。

10万以上かけて5千円かよ畜生 とか思ってたのだが、その店員となんでこんな小娘にMacが必要なのか、みたいな話をしていたら、

海外にお住まいなのであれば免税でお買い求めになれますよ

と、なかなかクリティカルなオファーをして来た。やるな、店員。

パスポートとビザ持って買い物に行けばOK

んじゃどうやって免税ゲットするの?についてだが、極めてシンプル。

パスポートとビザを持参し、

一時帰国中だから免税で買い物させてちょん

と店員に言えば一生懸命処理してくれる。

具体的には、購入証明をパスポートに貼り付ける形になるのだが、普段はこんな姿をしている当方のパスポートも、

顔写真ページから1枚めくるとこんなん。

レシートの添付と共に『免税』みたいな割り印が捺されている。

なお、ぺろっと中身をめくると、MacBookAirのついでにApple TVを購入した事がわかってしまう。

これは宮家の財務大臣には上申していないので、モリカケよろしく、このまま闇に葬る以外に方法がない。

もう一つついでに、今回の一時帰国で必ず購入しようと思っていたNintendoスイッチは財務大臣の決裁が通らず断念。

こちらはヨドバシがまさかの1%ポイントだったので、免税パワーを使えばMacよりもお得感が出る事になる。

スポンサーリンク

貼られたレシートは空港でちぎってもらおう

Apple TVを買った事がバレないうちにとっととこの貼られたレシートを駆逐し、証拠隠滅を図りたいのだが、それは空港で行う事になるらしい。

今回、羽田出発だったのだが、出国手続き後、いくら探しても海外の空港とかにある『VAT還付』みたいな看板が見えないので、子羊の様な眼力で

すみません、どこで手続きすれば良いんでしょうか

と心細さ満点の様子で空港職員に尋ねると

出国前にやらなければならないんですよ

との回答。

どうやらセキュリティチェックが終わった後、イミグレに歩いて行くまでの数十メートルの間にある税関的な所でその手続きをするらしい。

が、出国後にやるモンだと思い込んでいた当方は、あっさりイミグレを通過してしまったのだ。

通過しちゃったけど特別措置で処理してもらったよん

え、じゃあ俺のこのパスポートどうなっちゃうの?これって犯罪行為?とか思ってたら、その職員曰く、

手続きは次回の一時帰国の時でも大丈夫ですよ

との事。

あ、そうなの?と思いつつも、正直次回がいつになるかわかんないし、その間にこのレシートが勝手にちぎれてしまったりしたら気味が悪いので、

税関そこに見えてるんだから、ちょっと行って手続きして来れないすか?

とさっきまでの子羊感はどこへやら、クソ図々しいお願いをしてみた所、見事にアクセプトして頂き、無事にレシート引きちぎりに成功した。ラッキー!!

かくして、長女殿のMacBookAirと、ナイショのapple TVは無事にインドまで出荷されたのである。

めでたしめでたし。

なお、後になって色々と調べてみたら、

買った現物は別に手荷物で持参しなくてもOK

との事。

当方の中では、現物を未開封のまま持参して、

この製品を買ったんすよ、国内で利用する目的じゃなくて海外でちゃんと使うんで、税金免除してくださいよ

的な手続きを踏むモンだと思っていたので、ご丁寧にリュックの中に未開封のMacBookAirとApple TVをぶち込んで、ひぃひぃ言いながらキャリーしていたのだ。なんてムダな努力。

と考えると、例えば帰任直前に一時帰国時したとして、その時に帰任後に日本で使うテレビとかを免税で買って自宅に置いといても大丈夫なの?とか思ってしまうのだが、、どうなんだろうか。

過去にそう言うパワープレーに出た事がある方がいたらこっそりこってり教えて頂きたいのだ。

〜今日の教訓〜

最終的にはこのMacもAppleTVも日本で使う事になる。

良くわからん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする