インドにおけるPDCAは日本におけるそれとは別物なんじゃないかと考えてみる件

PDCA。この言葉をご存知だろうか。

ご存知ない方はいないだろうが、一応書いておくと

Plan;計画する

Do;実行する

Check;評価する

Action;改善する

こんな感じで表現される事が多い。

実際、どの様にこのサイクルを回すかは各人によって違いはあれど、考え方として正しい事がわかるくらいの常識は備わっている。

このPDCAと言う言葉、コンサルのお兄さんとか、セミナーでしゃべるオジサンとかが、取りつかれた様に泡を吹きながらひたすら繰り返す魔法の言葉だ。

PDCAがあればなんでもできる。PDCAがない会社は滅びるのみ。PDCAPDCA・・・

こう繰り返す彼らの言葉を信じるのであれば、やはり魔法以外の表現が思いつかない。唯一無二完全無欠八頭身美人の最強呪文としか言い様がない。

だが、どの程度完全無欠なのかについては、形容が難しい。

そもそも攻撃系の呪文なのか、回復系の呪文なのか、はたまた補助系の呪文なのか。

その呪文が唱えられないと戦闘に敗北してしまう、と言う点においては、恐らく回復系なんだろう。

メラゾーマが唱えられなくてもバイキルトが唱えられなくても、戦闘に勝利する事は可能だ。

ただ、べホマが唱えられないと、やくそうだけではジリ貧となり、確実に蹂躙されてしまう。

従って、PDCA=べホマと言う方程式が成立する。

このべホマの大切さについては、当然日系企業である当社でも、スタッフに対して説き続けている。

ところがインドに来ると、どうもこのPDCAは、冒頭に書いた様な意味合いで使われていない可能性が高い。

べホマを唱えろと言っているのに、どうもその様子が見受けられないのだ。

ヤツらがどの様にはき違えているのか、ドラクエ風に一個ずつ見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

インドにおけるP

計画を立てろ、と言っている。

しかし計画は立てられない。計画が計画されずにひたすら延期される。そう、Planではなく、Postponeである。

Postpone。ふざけた言葉だ。

ドラクエ風に言ってみればボミオスだ。ボミオスですばやさが落ちるから延ばさざるを得ないんだろう。

インドにおけるD

同じく、実行しろ、と言っている。

しかし当然の様にそんな事は起きない。計画がないのだから実行する事はひたすら遅れ続ける。そう、Doではない。Delayだ。

これも言ってみればボミオスみたいなモンだが、Postponeであればまだ事前に連絡があったりして、前広に事態を把握出来るケースが多いのに対し、Delayはノーモーションでいきなり起こる。

気付いたらDelayしているのだ。つまり、デフォルトですばやさがゼロになっている、まじんのよろいを装備しているのと同じだ。

当然、不愉快度はこっちの方が上だが仕方ない。

自分の意思でインドに来たのと同じく、まじんのよろいを装備したのは自分の選択なのだから。

インドにおけるC

評価をしろ、がオーダーだ。

しかし、計画も延期され、実行も遅れる為、何を評価したら良いのか誰もわからない。

だから当然の様に評価は行われない。そう、Checkではない。Cancelだ。

要するに、目の前の仕事からの離脱。にげるのコマンドを選択しているのと同じだ。

そんな輩は逃がしてはならない。回り込んで殲滅すべきだ。

インドにおけるA

改善しろ、と言う話なのだが、何を改善すれば良いのか、そもそも全てが悪に見えている段階で善悪の概念が崩壊しているので、改善とか改悪以前の問題となり、超絶イライラする。

だから、Actionなんてインドに来てこのかた見た事がない。あるのはAnnoyのみ。

相手を怒らせ、バーサーカー状態にする事、つまりメダパニだ。

如何だろうか。

インドにおけるPDCAとは、

まじんのよろいを装備しているにも関わらず、更にボミオスをかけられる事でスピード感を完全に喪失し、ついでにメダパニをかけられてこんらんし、勝手ににげるのコマンドを選択した結果あっさり回り込まれて惨殺される勇者

と同じ状態なのだ。

いくらレベル99に達する能力を持っていたとしても、この状態にされると、ゾーマはおろか、バラモスすら倒せない。

何と言うカオス。何と言う理不尽。

大学生の頃、4年生からのパワハラで心が荒んでいた1つ上の先輩に、おめぇかっこいい髪型してんな、殴らせろよ、と言う滅茶苦茶なロジックで殴られていたギャル男くらい理不尽だ。


このPDCAであれば、ほぼ毎日、地球の自転と公転を上回る凄まじいスピードで回されている事は言うまでもないんですが、あれです。自分そんな国で働いております。寝ても寝ても疲れが取れないのはそのせいだと思います。

~今日の教訓~

中華系気質のあるマレーシアでのPDCAは、Please Don’t Call, Action!!(上司に言い訳の電話してるヒマあったら売って来いぶっ殺すぞ)らしい。

ホントか?

スポンサーリンク

※画像はgoogle先生にお借りしましたぁ♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ありがとうございました より:

    はじめまして。バンガロール在住の者です。
    インド版PDCA、PCの前で思わず笑い転げてしまいました。
    素晴らしいジョークのセンスをお持ちでいらっしゃいますね。
    周りのexpatsにも教えてあげたくて仕方がありません。
    今週はインド人との付き合いにほとほと疲れ切っていたのですが、元気が出ました。
    お礼を申し上げたく、コメントさせていただきました。

    • tamanomiya より:

      恐れ多い事でございます!
      笑えるくらいストレスたまりますが、ストレスを笑いに変えられる様、適宜発散しながらインド生活頑張りましょう!!