フェニックスモールのレゴが潰れていて悲しい件

当方の正体を知る方は、当方がレゴ×ユニクロのコラボTシャツをドヤ顔で颯爽と着こなしている姿を見た事があるかと思う。

シンガポールで調達して来たそのシャツ達はなかなかかわいいデザインをしており、ツーブロックドヤ顔ゴリラの当方が抱える外観上の問題を緩和する重大な任務を果たしている。

とは言え、見た目を柔和にする事が目的で買ったのではなく、単純にレゴが好きだから、と言うのが購買動機だ。

なお、シンガポールのユニクロには、ディズニーコラボTシャツも売られており、ディズニー好きゴリラとしても名を馳せる当方はこっちのTシャツにも食指を動かしていたのだが、マダム(嫁)の『似合わない』の超絶本質的な一言で断念した悲しい経緯がある。

ちなみにディズニー要素があまり強くないこちらの一枚だけは購入を許された。

そんなレゴ好きな当方の遺伝子がきっちり伝わったのか、長女もなかなかのレゴ好きだ。

今まで購入したレゴの箱は恐らく30を超えるのではないか。

ひとたび日本に帰ろうものなら、爺婆ファンドからレゴ資金を確実に調達する敏腕ぶり。

ここインドでも、フェニックスモールの地下に店を構えるレゴで、複数個購入させられた経験がある。

むしろ親も積極的に購入しようとしているフシがあるので、『購入させられた』と言う表現は誤っている気がするが、とにかくフェニックスモールのレゴは我が家の中では大変大きなプレゼンスを誇っていた。

であるにも関わらず、ある日忽然と消えた。いつ消えたかは定かではない。先月行ってみたら消えていた。

隣のおもちゃ屋さんのオヤジに、レゴはどこに移転したの?って聞いたら、

いなくなったよ

とのつれない回答。

ずっとレジの椅子に座っていて、立った場面を見た事のない門番みたいなレゴのオヤジ。

ディワリの時に、他の店が凄まじい割引率でセールを展開している中、ビタ一文値引きしなかったレゴのオヤジ。

お買い上げありがとうございました的な事は一回も言わず、お前客商売する気あんのかよ、とすら思っていたレゴのオヤジ。

そんなオヤジにもう会えないかと思うと寂しい。

潰れたのはきっとこのオヤジのせいだけど。

そう言えば、客もいつもまばらで、我々以外に購入しているヤツを見た事がないし、いつからかドアを開けてくれるセキュリティのオッサンも解雇されてたな。

いつかまた戻って来てくれる事を信じているよ、オヤジ。

~今日の教訓~

これが欲しい。

6万とかするんだよね。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする