日本から持って来たいアイテム達~蚊除け編

ちょっと前にも日本でデング熱フィーバー?があったけど、インドでもやっぱりある。

インドでの流行りっぷりは、PTI通信さんによると以下の様な感じ。

スポンサーリンク

2017年のデリーエリアでのデング熱発症報告は5,870件

うち、デリー在住者の発症例は2,884件で、残りは他州から治療に来た人

10月だけで見ると、最初の3週間で1,077件

その中でも3週目に650件が集中しており、既に5人が死亡

デリーエリアでは、他にもマラリアが1,073件とチクングニア熱が731件

デング熱の全国の感染者数は、14年は4万人だったけど、16年には11万人になった

とな。こぇー!!

ご存知の通り、これらは全て蚊を媒介しているので、インドに住んでいると、『如何に蚊を抹殺滅殺ジャックナイフするか』が至上命題となる。

抹殺滅殺ジャックナイフについて、『何それ?』と思われた方はこちらのエントリをご参照。

なので、我が家は家選びをする際にも『近くに川とか池がないか』とかも考慮したし、そのエリアに住んでる人に『蚊が多いか聞く』とか、細かいトコまで調べた。

当然ながら、蚊除けグッズは死ぬ程日本から持って来た。

家族渡印から1年弱が経ち、かなり在庫は減ったものの、現時点でこれだけの武器を抱えている。どっからでもかかって来やがれ。

折角なので、この中で取捨選択的にどれがあれば良いか、どれがいらないか、を書いてみたい。

蚊取り線香

我が家はこれを大量に持って来た。

が、これは正直そこまでいらないかな、と言う感じ。家の中では焚かないし。

集団で外で遊ぶ時とかじゃないと出番があんまりないし、そう言う時だって、個々人がスプレーとかで対策してりゃ良いんじゃね、って事で、あまり持って来なくて良いアイテムかも。

虫除けスプレー

我が家が愛用しているのはこの人たち。

こちらがお出掛け前に、手足にシュッシュするヤツで、

こちらが空間に向けてシュッシュするヤツ。

後者の方はほぼ毎日特に玄関で重点的にシュッシュしてるが、敵もさるもの。蚊が入って来る時はあっさり入って来る。

スポンサーリンク

現地調達出来る手足シュッシュ系

チェンナイでもいろいろ売ってるが、こんなのを使ってる。

アーユルヴェーダのブランドとして有名(らしい)なKAMAと言うトコのもの。

オカマではなくカーマ、らしい。

多少ベトつくのが気になるが、天然素材って事で、赤ちゃんにつけても大丈夫だ。

あと、ニルギリス(スーパー)なんかでも、普通に虫除けは売っているので、まぁぶっちゃけそれでも良いんだろう。

あと、シンガポールでこんなん買ってみた。

タイガーバームのもの。

昔、タイへのラグビーの遠征で、試合翌日に離島に遊びに行った時、心ない先輩からお尻にタイガーバームを塗られ、船から突き落とされ死にかけた事を思い出す。

なので、マダム(嫁さん)が『シンガポールでタイガーバーム買いたい』と言った時には、この恐怖の思い出がフラッシュバックし、いやだー!と思ってしまったのも已む無しと言える。

こちらについては使ってないので効果の程はまだわからないが、評判は良い模様。

シールとかの身に付けておく系

我が家では主にこれらを持って来ている。

かさばらないし、あればあるだけ良いんじゃないかと思う。

家の中で使えるベープのもの

コンセントにつなぐ式は、変圧器とかかまさなきゃいけなくて面倒なので、電池式をオヌヌメする。

こちらが電池式ので

こちらが電源接続式

電池式のものの方が使い勝手が良いので、寝室とかでガンガン使っている。

現地調達出来るファイナルウェポン

最後に、現地で調達出来る最強の武器と言えるこちら。通称、モスキートバット。

名前の通り、蚊を駆逐するテニスラケットの様なバットだ。

ガットには電流が流れているので、蚊をはっ倒すと、気持ち良いくらいにでかい音が鳴る。バチッ!と。

当方はこれを家の中、会社のデスク、通勤の車、家族用の車、それぞれに1個ずつ配備する、と言う常時臨戦態勢を敷いている。

会社では蚊やハエがしょっちゅう登場してクソ鬱陶しいのだが、仕事してる⇒虫登場⇒いきり立つ⇒バット探す⇒探してる間に見失う⇒バットを握りしめ虚空を見つめる と言う作業をルーティン化させている。

見失う度に当方のストレスは高速増殖するので、何回かに一回駆逐に成功すると、その度に、よっしゃぁーー!と雄叫びを上げる事になる。かなりの変人だが已む無し。


とまぁ長々と書いて来たが、インドの蚊に対する日本製製品の効能については、はっきり言ってわからない。無責任でゴメス。

ただ、当方の周りにも、何人かデングを食らってる人がいる事も考えれば、我が家の4人が4打数4安打で生きている事からは、『ある程度効果がある』と言っても良いだろう。

みんな蚊にはちょいちょい刺されてるけどね。運が良いだけなのかも。

これだけ虫対策しててデングとか食らったら、もうそれはしょうがない、と考えるしかないのかもしれない。

なお、上の写真には、アリの巣コロリとかゴキブリホイホイ的なのも写っているが、我が家ではアリもゴキブリも発生した事がないので、今の所活躍の機会は与えられていない。

むしろそのまま活躍せずに終わってもらいたい。。

~今日の教訓~

モスキートバットは日本に持って帰る。

充電すりゃ使えるしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする