イングランドの男前 Part2

以前、こちらのエントリで、ラグビーのイングランド代表にオーウェン・ファレルと言う男前がいる事を書いた。

この男前、何でも出来るスーパーマン君なのだが、キックの時のルーティンが面白い。

スポンサーリンク

ラグビーにおけるキックの際のルーティン、と言う点では、五郎丸が日本では最も有名だと思う。

こんなやつね。

この五郎ちゃんのルーティン、似た様なヤツとしては、かつて世界一キックが巧いと言われたウィルキンソン(これまたイングランド代表)と言うお兄ちゃんがこんなポーズを取っていた。

そっくりやんけ。

まぁ他にも色々面白いルーティンを持つ選手は多い。

NZ代表のマッケンジーなんかは、謎にキック前に必ず笑ったりする。

こんな感じで人それぞれのルーティンがあるのだが、このイングランドの男前・ファレル君は、ゴールポストに対して喧嘩を売る、と言うなかなか面白いルーティンを持っている。

セット直後。

睨み開始。

まだまだ睨む。舌が微妙に動いている。

ようやくキック。どん。

睨んでから蹴るまで10秒くらいあるのだ。ちなみにこのキックは外れた。

現在、ジャパンでは田村が主にキックを任されているが、彼は極めて普通のルーティン。

こんな感じで、各キッカーのルーティンにも注目して貰えると面白い。

〜今日の教訓〜

男前は何やっても男前。

せめて超マザコンとかであって欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする