シンガポールの明治屋とバンコクの伊勢丹で鬼買いした件

タイトルがやや長過ぎるが、今週、出張でシンガポールとタイに行く、と言う奇跡的なイベントがあった。

この出張を組んだ段階で、当方の頭の中では、出張の成果は仕事ではなく、食糧調達であった事は言うまでもない。

スポンサーリンク

どこでどう買い物すれば良いのか?

とは言え、シンガポールではどこで買えばいいの?わたしはどこ?ここは誰?状態だったので、そこはマダムのママ友ネットワークに頼った。

色々選択肢はあったけど、シンガポールでは宿泊ホテルから歩いて行ける明治屋、バンコクでは伊勢丹をチョイスした。

日程的には、

火曜;夜シンガポール入り⇒明治屋で買い物

水曜;一日会議⇒そのままバンコクへ移動

木曜;午前午後とお客さんと打合せ⇒一瞬バンコク行って夜便で帰国

と言うかなりタイトな日程だった為、一点集中で何を買うべきか、リストを作る勢いで臨んだ。

とりあえずシンガポールでは明治屋に行く

まずシンガポール。

明治屋はこちらのLiang courtと言うモールの地下1階に入っている。

いかにシンガポールと言えど、日本の様にエントランスにフロアマップがあって…の様なサービスはなく、2~3分迷った結果、無事チェックイン。

明治屋の中は外国人が多い日本だった

てか、もうこれ完全に日本だろ、と言う空間が目の前に広がっている。

興奮と嫉妬と心強さを感じすぎていて、写真を2枚しか撮れなかったが、リアルに日本である。

キューピーと和光堂の特設コーナーってあんた。こんなん、日本のヘタなスーパーより品揃え良いぞ。

日本と違う所と言えば、スタッフが英語しか話さない(中にはガチの日本人もいる)ってのと、価格が高いって事くらい。

普通に日本食を大量に売ってるし、客層も日本人ばっかで至る所で日本語聞こえて来るし、あれ?俺日本出張中だっけ?とリアルに勘違いしそうになってしまう。

そもそも街中にセブンイレブンがあったり、

牛角が進出してたり(むしろ日本より美味かった)、

こんな環境で『海外勤務は大変ですね~』とかホザいてる奴がいたら、ラリアットかました上で市中引き回しの刑である。

ま、仕事の面では大変そうだけどね。生活環境、特に日本食調達の環境って意味でね。

そんなこんなで合計5袋分、鬼神の如く目の色変えて買いまくった。トータルで200ドルくらい。

一応、徒歩でホテルまで帰られなければならない事を計算し、持てる範囲くらい&スーツケースに入るレベルで、と言うのを考慮していたつもりだったが、欲をかきすぎた結果、湿度の高いシンガポールの町中をぜぇぜぇ言いながら、タキ汗で帰るハメになってしまった事は已む無し。

きっと当方の周りでは、救心♪救心♪のメロディーが奏でられていたはずだ。

これが戦利品。

ちなみに、マダムに麦茶を頼まれていたので普通に麦茶パック(鶴瓶の顔)を買ったら、以下の子供用麦茶を期待されていたらしく、日本語でもミスコミュニケーションが起きる事を再確認。

こんな感じでシンガポールでのミッションをクリアし、お次はバンコクである。

スポンサーリンク

バンコクの伊勢丹では事前オーダーが可能

上述の通り、バンコクは一泊しかしない弾丸ツアーだった事もあり、伊勢丹の『事前オーダー』なるサービスを利用。

事前に伊勢丹にメール(webに載ってる)でコンタクトすると、商品リストを送ってくれるので、そこに欲しいものを記入して返送すると、きちんと準備しておいてくれる、と言うスグレモノ。

しかも10,000バーツ以上の買い物ならば、パッキングまでして配送料無料で空港まで届けてくれるのだ。(10,000バーツ以下でも金払えばやってくれる)

但し気を付けなければならないのが、前日までにお金は店頭で払っておいてね♡と言うシバリがある事。

自分で前払いに行けないならばパシれば良い

今回、23時にバンコク着⇒翌日出発だったので、当然当方は支払いに行く事ができない。

さてどうしよう、と言う話になるが、日本食を諦めるなんて選択肢は1ミクロンもないので、迷わずタイにいる後輩をパシる事に。

ポイントは、バンコクにいる後輩ではなく、パタヤ(車で2時間とか)にいる後輩を使った、と言う無茶ブリだった事。

当然、感謝の気持ちはあるのだが、こんなリゾートみたいなクソ良い環境に住んでいる輩なので、素直に感謝できない。

話が脱線した。ついついチェンナイより良い環境の話になると興奮してしまう。

前日のシンガポールでの買い物の結果、実はまだカバンに余裕あるんじゃね?まだまだ買えるんじゃね?と言う天使の囁きが聞こえて来たので、勢いよく伊勢丹にチェックイン。

日本じゃないのにこんなロゴが見れるなんて。

しかも目線を90度変えれば、天下のABCクッキング。

有閑マダムと、タイ人のうら若き女性と、一部オカマが料理を一生懸命作っている横で、当方が鬼の形相でスーツケースの詰め替え作業を行っている姿は、まるで練習を終えた4年生がシャワーを浴びてバナナジュースを飲んでいる横で、ドロドロのボールを磨いている1年生の姿の様で、なんともやり切れないのである。

でも良いんだ、俺には高尚な使命があるから!

ちなみに伊勢丹のフードショップ(5F)は、規模感で言えば全然明治屋には及ばないが、それでも充分な品揃え。

肉も魚も野菜もフルーツもなんでもござれ、なのである。

但し、ベビーフードは見当たらなかった。おむつはあったけどね。もしあったらゴメン。見落としてるだけ。

事前オーダーしたものはどうやって受け取るの?

もうこれ以上入らないよ!ってくらいスーツケースに詰め込んだ状態で、ファイナルミッション『空港での受け取り』に臨んだ。

後輩が精算時にこんな紙を貰ったらしく、どうやらこれが引換券的な役割を果たす様だ。紛失しない様にしよう。

曰く、空港の4番エントランスの目の前で待ってるにょん♡との事。

わかりやすくて良いじゃないか、と思って4番エントランスから入ってみる。

ん?

こいつか?

確かにジャンパーに伊勢丹のロゴ入ってるわ。ホントに目の前にいるとは。

どれも背中からのアングルで、盗撮みたいになっている点については、本当に盗撮まがいだったので已む無し。

伊勢丹のパッキングはかなりしっかりしている

いざ受け取り、となったのだが、35×48×34のアイスボックス2つで運びますねー と言う連絡があり、どんな荷姿で来るのかな、と思っていたら、意外とどでかかった。

その2つを受け取った結果、当方の荷物はこんな状態に。

うぉー

しっかり封がされた上にベルトまでされていて、『当日冷凍食品を追加で買って空港で箱に詰め直そう』作戦を遂行する事は難しい事を実感。

冷凍食品買わなくて良かった。。

残念ながらチェックインカウンターで超過料金を取られてしまったがしょうがない。

前も書いたが、インドでは安全と食事は金で解決するしかないのである。

チェンナイではブラインドサイドからのインサイドブレイクがオヌヌメ

チェンナイ着いてから、税関職員に呼び止められるリスクが結構あるらしいので、荷物を全部受け取った後すぐに出ようとせず、

税関職員に声掛けられてるヤツがいるタイミングを見計らって

自分と同じくらい結構荷物を持ってるヤツの後ろ側を歩く

と言う作戦で、見事にインサイドブレイクを達成。

スピード違反が先頭のヤツだけ捕まる理論とおんなじやね。

家に帰ってから、寝起きのマダムと開梱作業。

段ボールの中に更に発泡スチロールの箱が入っていて、ドライアイスもしっかりと詰められていた為、冷凍食品はカチンコチンの状態がキープされていた。さすが伊勢丹。

こっちで買えない(たぶん)ネギさんともご対面。

例の500リットル大容量冷凍庫も、結構な高さまでモノが詰められて来た。

横からのアングル。

こうなって来ると、先入先出なんて概念はなくなってしまって、日の目を見ないままひたすら凍り続けるかわいそうなお肉さんが発生しそうなので、ちゃんと仕切り版とかを買って来て整理する様にしたい所だ。

〜本日の教訓〜

3Sをしっかりしよう!!

いやー長かった。書くの疲れた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする