ラグビーW杯2019のチケットに大枚をはたく件

読者諸賢の大部分に、あまり興味を示して頂けていないっぽいラグビーワールドカップ2019@日本。

何度でも言うが、

ラグビーW杯はオリンピック・サッカーW杯に次ぐ集客効果がある

前回W杯のテレビ視聴はトータル40億人とされている(ホントかよ)

過去の歴史上、宗主国と言われる強豪国でしかW杯は開催されていない

それが今回初めて宗主国以外・且つアジアで初めて日本で開催される

と言う事で、このイベント自体がものすごい事なのだ。

例えて言うならば、安倍・オバマのディナーが久兵衛ではなくサイゼリヤで行われるくらい、従来であれば考えられない話とも言える。

ここは是非ご理解頂きたい。

で。

当ブログにもカウンターを貼り付けているが、今日時点で開幕まであと544日、つまりあと1年半に迫っており、チケットの販売が開始されている。

1試合1試合ごとのチケットの一般販売は来月以降(と言うか9月?)の様だが、先行して『スタジアムパックセット』と、『チームパックセット』と言うのが売り出された。

これは、例えば味の素スタジアムで行われる予選プールの複数の試合や、日本代表が行う試合の全てをセットで販売しますよ、と言うもので、今回、日本各地で予選プールが行われる為、どのスタジアムやチームを狙うか悩みどころなのだ。

こちらがスタジアムごとの予選プール&決勝トーナメントの試合日程。

このスタジアムパックには、決勝トーナメントの試合は含まれていない。

スポンサーリンク

↓がチーム別の試合日程。

で、欲張りの当方は。

こんな感じで46万円分を申し込むと言う暴挙に出てみた。

良く良くみたら、横浜パックの一部にジャパンパックとニュージーランドパックの試合が内包されており、抽選より前にそもそもダメなパターンだった気がする。

ともかく、この46万円の支払いを覚悟して抽選結果を待っていたら。

おぉ〜

かなり灼熱なカードなのだ。

当然ながら光の速さで支払いを完了。寄付金なんか1円も払っていない点がポイント。

14万円がクソ高い事以外に、そもそもチェンナイ延長希望を出している時点で、このタイミングで日本にいる可能性の方が低いとは思っているが、一生に一度のこのイベント、生で観ない訳には行かないので、インドにいたとしても漢らしく1ヶ月ぶち抜きで帰国して観戦するのだ。

と言う事で、まだまだ続くチケット販売。

こんなイベントが生で観られる機会はそうそうないので、是非とも観戦して頂く事をオヌヌメする。

一応今後のチケット販売スケジュールを貼っておく。

〜今日の教訓〜

家族で合計200万円分申し込んでる友人がいた。

さすがにそれはクレイジー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする