Grit Nationと言うジムが興味深い件

インドにいると、とにかく歩かない。

そりゃそうだ、アパートの駐車場に行けば、グッドモーニングサー と言ってドライバーが車のドアを開けてくれ、そこから会社までノンストップ。

会社着いたら着いたで、現場をチェックする以外はほぼ動かず、帰りも行きと同じで会社から家まで車でどんぶらこなのだから。

日本みたいに、一つ前の駅で降りて歩いて、、みたいな事をしようとしても、歩道車道関係ないインドの交通事情に飲み込まれ、更には野犬に追われるリスクがあるので、相当ハードルが高いのだ。

スポンサーリンク

iPhoneには、勝手に歩数をカウントしてくれる機能がついていて、それをオンにしてるから電池の減りが速いのかもしれないけど、それによると、ひどい日なんて1,000歩以下で終わる事がある。

それがまさに昨日。

18日〜21日はシンガポールに行ってたからまぁ良く歩いた。

でも、それ以外の日はリアルに1,000〜1,500歩レベルだ。

今日は客先に行っていたから、ほんのちょっとだけ歩いた。けど、1,700歩とか。

当方が、足が長くてスタイルが良いものと仮定すれば、まぁ1歩はだいたい80cmくらいだろう。

って事は、だいたい1日で0.8〜1.2kmしか歩いていない事になる。おい。

全く運動していないので、カロリーも消費しない。

となると、カロリーを摂取したらした分だけ自動的に太る事になる。

それは困るので、極力メシの量を減らす事を心がけている。

なのに痩せる気配なし。むしろ太っている。なんでや。

大学の時は、体重増やしたくて、ウェイトしまくってプロテイン飲みまくって、メシもアホみたいに食ってたのに80kgの壁はでかかった。Max82kg。

それが今や84kg。ぐはっ

ちなみに赴任前にも、壮行会とかで暴飲暴食を繰り返し、当時最長不倒の84kgを叩き出したが、その後の8ヶ月に渡る単身赴任でやせ衰え、77kgまでの減量に成功。

ところが、家族来チェン後、食生活がウルトラ劇的に改善され、結果的に最長不倒アゲインなうなのだ。

うーん、と思い、昨日は、

朝飯

スポンサーリンク

昼飯

みたいな事をしてみた。

これだけ食べなければ痩せるだろ!と言う安易な発想である。

そしたら、血糖値が下がり過ぎたのかわかんないけど、夕方からフラフラして来て、帰りの車では冷や汗が止まらんくなった。うぉー

やっぱり、メシはしっかり食って、運動をしっかりする、それしかない、と言う事に尽きる。当たり前。

なのだが、当方、どうしても走る事が好きになれない。マラソンとか、パクチーの次に嫌いだ。

なんでかなー と思って考えると、一つの結論が導き出された。

部活の影響で、

走る=ペナルティのイメージが脳内深部にまで刷り込まれてしまっているんだろう

と言う事。

これ、恐らく当方だけじゃないと思う。

現役の時は、そのペナルティ的要素満載の『走る』と言う事も、

フィットネスをつける→試合での運動量を増やす→上のグレードに上がる

と言う方程式を当て込み、自らを半ば無理矢理納得させていた。

ところが、今走れと言われると、何の為?念の為?と言った感じで、目的がわからなくなってしまう。

走る→エネルギー消費する→痩せる のロジックはわかるんだけど、いやいや、他にも痩せる方法あるでしょ とか、痩せる為だけに走るとか意味わかんない と言う考えが脳内を支配してしまうのだ。

恐らく、読者諸賢の周りにも『目的のないトレーニングは嫌い』みたいなニュアンスの事を述べるオジサンがいるはずだ。

それはかなり当方の持っている感覚と似ていると思う。

その感覚に支配されていると、思い立つまでに時間がかかるし、思い立ったとしても、途中で妥協してしまうケースが多い。

なので解決方法としては、最初に逃げられない状況を作り、それを習慣付けてしまう、と言うのもアリだろう。

そこで今日のオチなのだが、当方の1個上のパイセンが、目黒に以下の様なジムをオープンしている。

Grit Nation と言うジムだ。

ここには、フリーウェイトとかは一切置いておらず、集団でトレーニングを行う。

※10/29追記;フリーウェイトはあって、トレッドミルやエアロバイクとかがないだけだった。失礼しました。

老若男女、どんなメンバーであっても、つまり体力とかに差があったとしても、平等に死ねる達成感を味わえるトレーニングが出来る様にプログラムが工夫されている。

この林と言う男曰く、日本は先進国の中で、最もビジネスパーソンが運動をしない国、だそうだ。

彼の理念は、上のHPにしっかりと暑苦しく記載されているが、まさに的を射ている。

結局、『誰かとの約束は守れても、自分との約束はなかなか守れない』ワケで、先ほど述べた様に、運動する事自体を習慣づける為に、最初は仲間と一緒になってでも逃げられない環境を作ってしまおう、と言う事だ。

ってなワケで、当方と一緒にトレーニングしてくれる人募集しまぁす♡

〜今日の教訓〜

筋肉ではなく動作を鍛える事で、人間の持つ本来の身体機能を取り戻せる。

年末の一時帰国の時にメソッド勉強して来よ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする