Hyatt Puneが微妙だった件

当方ご愛用のハイアットブランド。

当ブログにも、もう何回登場してんねん、って感じだが、そこはまぁご愛嬌なのだ。

それだけカモられてるだけあって、出張行く時は、色んな所でもまずハイアットの確認から入る様にしている。

スポンサーリンク

先週、プネに出張に行ったのだが、その時に泊まるホテルを探していて、まず最初にヒットしたのがリージェンシー。

リージェンシーは、一泊Rs.9,000 + Taxくらいなので、さすがに高級感溢れる。

で、さすがにちょっと高いのでリージェンシーはやめとこ、と思って他をサーチしてたら、ただのHyattってのがあった。

Hyatt Pune。

そう言うブランドあるんだなーと思いながら見たら、Rs.6,000 + Taxだったので、こっちにしよ、と言う事で予約してみた。

しかし、エントランスが既にリージェンシーに負けてる。

葉っぱで誤摩化すんじゃないよ。

エントランスで既に負けてるのだが、他にも結構残念ポイントがあった。

まず、フロントでチェックインする時に、予約していたキングの部屋が埋まってしまったので、ツインになります、との宣言。

おい貴様、俺は上級会員様だぞ、と思いつつもしょうがないのでツインの部屋に。

HPによると、キングの部屋はこんな感じ。

スポンサーリンク

でも、ツインの部屋は同じスペースに2つシングルベッドが置いてあるので、狭くてしょーがない。

あと、スリッパが置いてなかったり、湯船もなかったりで、日本のビジネスホテルと同じレベルなのだ。

朝食会場はこんなん。

微妙なコンビネーションのプレートと、

くたびれたフレンチトーストをチョイス。

味はまぁそこそこ。特筆すべき点もない感じ。

あと、夜に食事の予定があったのだが、相手側がなかなか来ず、お腹が減ったので、当方史上初となる『ミニバーに手を出す』と言う事をやってみた。

このポテチ。

そるとあんどぺっぱー

単純に塩辛いだけのポテチであり、少しだけ飢えをしのいでくれるだけの機能しか果たさなかった。

お値段Rs.200也。

と言う事でまとめると、

Rs.6,000払うなら、Rs.5500のグルガオンのリージェンシーの方が全然上

空港からはそこそこ近いので便利は便利

日本のビジネスホテルと同じレベル

メシはそこそこ

チェックアウトの作業が遅すぎてイラつく

タクシードライバーの運転が丁寧

こんな感じだろうか。

微妙だけど、まぁ次回も泊まっても良いかな、と言う感じなのだ。

Hyatt Puneはこちら!

〜今日の教訓〜

World of HyattよりもIHGの方が便利説。

でもあんまり俺が行くトコにないんだよな〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする