日通に運んでもらった航空便が届いた件

日本は誘惑が多過ぎる。

チェンナイでは、週6回ジムに行って走ったりしていたのに、先週は、翌日に健康診断を控えた木曜を除き、週4で飲酒していた。何なら、来週に至っては週5で飲酒の予定で、もうどうしようもない。

そんな状況なので、ブログがなかなか更新出来なくなるのも已む無しで、やや困っている。

水曜と金曜が特にエグい飲み方をしていたのだが、いつも通りこちらのウルトラアイテムで二日酔いは阻止した。

5個で999円、とか言うクソみたいな値段で売られているが、インドで買えば60ルピー。つまり100円くらいだ。

こんなアコギな商売をするんじゃないよ、と思いつつ、一方で賢いっちゃ賢いし、今の当方は商売が出来るレベルで豊富な在庫を持っているので、メルカリで売りさばいてみようかな、とも思ってみたり。

さて、今日書きたいのはそんな事ではなく、日通の航空便が着いたよ!と言うおはなし。

ポイントとしては、

  1. 意外と速い
  2. 雨の日だったからかちゃんとカバーもしてくれてた
  3. 船便がこれから30箱も来るかと思うと引く
  4. ちなみに国内の個人引っ越しはクソ

こんな所だろうか。1個ずつ見てみよう。

1, 意外と速い

チェンナイの我が家を5/27に搬出して、今回6/15に来たので、19日後、である。

日通からは、

船便は3ヶ月くらい、航空便も1ヶ月くらい見といてください

とか言われてただけに、前倒しにはかなり機嫌を良くしてしまう。

日通曰く、荷物をインドから出せるのは、荷主?が日本に到着して、利用した航空会社が『◯◯さんはちゃんと日本に着いたよん』的な文書を発行した後らしい。

今回、愛してやまないSQで帰ったのだが、SQはその作業が比較的速いらしく、そう言うのもあって結構速く着いたのかもしれない。

なお、エアアジアとかのLCC系は余裕で1週間くらいかかったりするケースがある、と言っていた。こんな感じ。

1日2日でこなすSQと大違いだな、とか思っていたが良くみたらANAとJALもかなりぬるい。エアインディアにすら後れを取るとは・・・・

スポンサーリンク

2, カバーをする気遣い

今日はゴリゴリの大雨だった。

チェンナイでこの雨量が降ったら大洪水だろうな、とか思いつつ、

段ボールびしょ濡れ→元々くさい段ボールが鬼くさくなる→中身も圧倒的にくさくなる

と言う黄金方程式を想像していた。

夕方到着した荷物は・・・・

うぉー、カバーかかっとるやんけ。

インドでかけるはずもないので、日本国内でかけてくれたのだろうが、非常に助かる。

なお、箱自体は、4箱全てが開封されていた。

こんな青テープじゃなかったし。

中身は一応何もなくなっていなかったと思うが、何となく不快である。

ちなみに、段ボール雨に濡れてくさくなる、の前に、やっぱりそもそもがくさかったので、家の中には一切入れず、外で作業した事は言うまでもない。

スポンサーリンク

3, 船便がこれから30箱も来るかと思うと引く

こんな感じでまずは航空便の4箱が順調に届いてくれたのだが、現在どんぶらこしている段ボールが更に30箱ある。

今回の4箱で持って帰って来たのは、洋服類や、子供が学校で使うものだったり、がメインなのだが、

確実に使うであろう事を想定して航空便で急いで持って帰って来たにも関わらず家の中の収納スペースが完全に不足している

と言うシットとしか言い様のない事態が起きている。

4箱ですら持て余してるのに、更に30箱ってどう言う事だよ・・・と目の前が暗くなる。

なお、半年くらい前に帰任したプネ在住のパイセンは、トータルで90箱だったらしく、家の中段ボールがある、と言うより、段ボールを置く為に家がある、みたいな状態なんじゃないかと思われる。

こわ。

スポンサーリンク

4, ちなみに国内の個人引っ越しはクソ

さて、迅速な対応だったりカバーをする気遣いだったり、と言う事で日通を褒めて来た。

実際、行きも帰りも日通に頼んで、結果的に何もトラブルはなかった(あと30箱残ってるけど)ので、クオリティは高いと思っている。

なので、海外引っ越しに関しては日通をオヌヌメしたい所だが、意外と、日通ダメっしょ、と言う声もあったりする。

ただ、当方が思うに、それはお前らにも責任あるんじゃねーの?とも感じる事がある。

例えば、書類を用意しておいてくださいと言われたにも関わらず、それを用意してなかったり、荷物の仕分け的な事前作業もやってない状態で引っ越し当日を迎えたり、と言う状況では、スムーズに終わるモノも終わらんだろう。

やる事もやらずに文句言ってんじゃねぇよバカ、である。

で、この項で言いたいのはそこではなく、

海外引っ越しは良いけど日本国内の個人引っ越しはカスだぜ

である。

2012年に名古屋から新宿に引っ越した時、日通を使用した。

が、

洗濯機の扱いがエグくて上面のカバーがぶっ壊れる(どう言う補償して貰ったか忘れた)

皿もかなりの量を割られて、中にはお気に入りの皿もあったのでマダムが憤怒していた(2万くらい現金で貰った様な)

と言う所から始まり、一番クリティカルだったのが、

家の前の斜面にDVDタワーを置いてたら見事に倒れて前面のガラス粉々

日通が、購入してからしばらく経ってるでしょうからその分差し引いた金額支払いますねと言い放つ

ふざけんなぶっ殺すぞと言う事で圧倒した結果、新品の現物を届けに来た

そのまま帰ろうとしたので、おいお前ここで組み立てて行けよと言って組み立てさせる

これだ。なめてんのか。

その後、更に新宿から浦和の方に引っ越す事になるのだが、その時日通には声すら掛けなかったのは言うまでもない。

一応補足しておくと、N=1の検証結果なので、たまたまカスに当たっただけかもしれない。


と言う事で、日通がちゃんと仕事してくれた結果、航空便がもう来たおはなしだった。

これから帰国される方、インドで色々と廃棄・譲渡して来る事をオヌヌメします。

〜今日の教訓〜

30箱以内におさえるべし。

まぁ、家具があるとそりゃ無理だけどな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする